■西松屋で買えるおまるはどんなものがある?

出典:筆者撮影
西松屋で購入できるおまるの特徴を紹介します。悩んだ際の参考にしてみてくださいね

【詳細】他の写真はこちら




かわいいデザインからシンプルデザインまで種類豊富 

西松屋で販売されているおまるシンプルなものからかわいいキャラクターのものまで種類が豊富です。椅子のように座って使えるタイプもありますよ。価格帯もさまざまで安く手に入るものもあるためお好みのものを選びましょう。



おまるとしてだけでなく補助便座にもなるものもある 

出典:筆者撮影

おまるだけでなくおまるの上部分を取り外して補助便座として使用できるタイプのものもあります。補助便座としても使えるタイプだと長く使えるのでおすすめですよ。

おまるの選び方って?

出典:筆者撮影

おまるの選び方を紹介します。購入の際の参考にしてみてください。



子どもが座りたくなるデザインは? 

おまるを選ぶ際には子どもが自分から座りたくなるデザインを選ぶのがおすすめです。子どもの好きな色や、キャラクターが使われているものだと、気に入って自分から進んで座ってくれるかもしれませんよ。



・補助便座にもなるものが長く使える 

出典:筆者撮影

おまるとして使用後、補助便座として使えるタイプトイトレが完了してからわざわざ買い替える必要もなく、子どもも慣れ親しんでいるのでトイレに移動しても使いやすいでしょう。補助便座になるタイプは長く使えておすすめです。

■人気の高いおすすめのおまるは?

出典:筆者撮影

西松屋で販売されている人気度の高いおまるを紹介します。購入する際の参考にしてみてくださいね



こどもが大好き!アンパンマン5WAYオマル 

出典:筆者撮影

大好きな子どもも多いアンパンマンアンパンマン5WAYオマルは5通りの使い方ができます。また、音が鳴るため子どもも喜んで座ってくれますよ。大好きなアンパンマントイトレを進めてみてはいかがですか。



爽やかブルードナルド5WAYオマル 
ブルーを基本としたドナルドの5WAYオマルもまた5通りの使い方ができます。踏み台としても使えるのでおすすめです。5WAYですがシンプルな構造なので使いやすいおまるといえるでしょう。

・西松屋ブランドSmartAngel】 抗菌3WAYオマル 
西松屋から出ているプライベートブランドの『SmartAngel(スマートエンジェル)』でもおまるが作られています。シンプルデザインなので部屋のインテリアの邪魔もしません。プライベートブランドのものだと安く手に入り、口コミ評価も高くおすすめです。

おまるといっしょに購入するべきものってなに?

出典:筆者撮影

おまるといっしょに購入すると便利なグッズを紹介します。購入する際の参考にしてみてくださいね



トレーニングパンツで漏れても安心 
濡れた感覚を感じながら漏れを防ぐトレーニングパンツ。ステッチ部分が何枚も布を重ねた構造になっているため、漏らしてしまっても普通のパンツのように濡れることなく使えます。6枚構造、3枚構造など商品によって布の枚数が変わってくるため、トイトレの進み具合を見ながら選びましょう。見た目も普通のパンツと変わりないため、好きな柄を選べば子どもやる気アップにもつながりますよ。




・片づけが簡単になるおまるシート 

出典:筆者撮影

おまるの中の桶にかぶせて使えるおまるシート。高分子ポリマーシートでできているためおしっこをしっかりと吸収してくれます。使い捨てなのでいつでも清潔に使用でき、おまるにしたおしっこの片づけも丸めるだけで簡単に行えます。シートが濡れるとキャラクターが浮かび上がるタイプおまるシートもありますよ。



・便座が冷たくない!おまる便座カバー 

出典:筆者撮影

おまるにも便座カバーが売られています。そのまま座ると冷たく嫌がってしまう子どもにもおすすめのアイテムです。おまるの便座の形に合わせて使える手軽なシートタイプもあるため、お好みのタイプを選びましょう。キャラクターの模様入りを使えばシンプルおまるでも子ども好みにできますよ。



・よくできましたシールで楽しく! 

出典:筆者撮影

西松屋では、さまざまなキャラクターのよくできましたシールが売られています。お気に入りのキャラクターシールゲットして、おしっこうんちができたら一枚ずつシールを貼っていけばゲーム感覚で行うことができ、子どもも楽しくトイトレを進められますよ。

■西松屋のおまるトイトレを始めよう
西松屋のおまるは種類も豊富なため、ママや子どもにぴったりのアイテムが見つかるでしょう。ブログでも紹介されたことのある西松屋のおまるは補助便座になるタイプのものも多数あり、長く使えておすすめです。こどもが喜ぶおまるを見つけてトイトレ完了を目指してくださいね
(mamagirl
掲載:M-ON! Press