東急電鉄JR東日本ジェイアール東日本企画が伊豆エリアで「観光型MaaS」の実証実験を始めます。専用アプリひとつで電車やバスの検索、デジタルフリーパスや観光施設入場券の購入、乗合交通などの予約ができます。

デジタルフリーパスは2種類

東急電鉄JR東日本ジェイアール東日本企画は2019年1月31日(木)、観光客がスマートフォンで交通機関を検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる日本初「観光型MaaS」の実証実験を、静岡県の伊豆エリアで4月から行うと発表しました。

MaaS」とは「Mobility as a Service」の略で、利用者の目的や嗜好に応じて最適な移動手段を提示するサービスのことです。

今回の実証実験では、日英2か国語対応の無料専用アプリ「Izuko(イズコ)」を導入。アプリを利用すると、伊豆急行線伊豆箱根鉄道駿豆線エリア内の伊豆箱根バス東海バスの経路検索ができ、さらにクレジットカードによる決済でデジタルフリーパスや観光施設の入場券を購入できます。デジタルフリーパスは次の2種類です。

●「デジタルフリーパス Izukoイースト
・大人3700円、子ども1850円
・2日間有効
伊豆急行線全線と伊東市内・下田駅周辺の路線バスが乗り放題。

●「デジタルフリーパス・Izukoワイド」
・大人4300円、子ども2150円
・2日間有効
伊豆箱根鉄道駿豆線全線と修善寺駅・下田駅周辺の路線バスが乗り放題。東海バスの修善寺~河津間と、伊豆急行線の河津~伊豆急下田~伊東間の片道乗車が可能。

観光施設は、小室山観光リフト(静岡県伊東市)や下田海中水族館(同・下田市)など5施設が対象。ほかにもアプリでは、ジャンボタクシーを使った乗合交通やレンタカー、レンタサイクルの予約、画面提示による観光施設割引が用意されています。

実証実験は、観光キャンペーン「静岡デスティネーションキャンペーン」と同じ期間の4月から6月までと、キャンペーン後の9月から11月までの計6か月間実施されます。専用アプリを提供することで旅行者に快適な移動を実現し、伊豆エリアの周遊促進と地域が活性化することを目標としています。

東急電鉄 事業開発室の森田 創さんは「実証実験の対象となる乗合交通は、まずは下田の旧市街からですが、順次エリアを広げていきたいと思います」と話しています。

JR東日本と東急電鉄がタッグを組む(2019年1月31日、伊藤真悟撮影)。