女優の高畑充希が主演を務める金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』(TBS系/毎週金曜22時)の第4話が今夜放送。第4話では、バスケ部に所属する大学生が殴打された事件の真相を、やたらと事件にこだわる迫田(角野卓造)と共に追っていく。

【写真】『メゾン・ド・ポリス』第4話フォトギャラリー

 本作は、柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑)が、退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」を訪れ、何やらワケありのおじさまたちに振り回されながらも事件を解決していく姿を、一話完結で描く刑事ドラマ。メゾンの雑用係・夏目役で西島秀俊オーナーの伊達役で近藤正臣も出演する。

 ある日、貫井秀之(山本涼介)という大学生バットで殴打される事件が発生した。幸い命に別状はないが、所属するバスケ部に復帰できるまで1年程度かかるという。迫田は、ひよりがこの事件の担当だと知って無理やり捜査に加わる。

 迫田は、ひよりと夏目を伴い秀之の病室を訪ね、言葉巧みに秀之から新たな情報を聞き出す。毎日自宅の駐車場バスケの練習をしているのだが、そのボールが画鋲だらけになったり、練習音が原因で近隣と揉めたこともあるという。調査の末、秀之の同級生・櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮ぶ。着々と捜査が進む中、柳町北署では刑事課長の新木(戸田昌宏)が迫田の捜査への関与を露骨に嫌がっており、ひよりは監視を命じられる。

 そんなひよりは迫田たちと陽斗に話を聞きに行くが、浪人生の陽斗はオドオドした様子であまり多くを話さず部屋に入ってしまう。しかし、母親の貴美子(村松恭子)は事件の時間に陽斗がPCでネットゲームをしていたと証言する。

 翌日、ひよりがメゾンを訪れると迫田や高平(小日向文世)たちおじさま全員がネットゲームを始めていた。高平がゲーム内の掲示板で目撃情報を集めていると、そこには暴行の依頼が。迫田たちは最初のターゲットとして名前が挙がっていた田口哲也(清水章吾)に接触するのだが…。

 金曜ドラマ『メゾン・ド・ポリス』第4話は、TBS系にて今夜2月1日22時放送。

『メゾン・ド・ポリス』第4話場面写真(C)TBS