カタールに主導権を握られ1-3で敗戦 1失点目は吉田が「もっとタイトに詰めるべき」

 森保一監督率いる日本代表は、1日のアジアカップ決勝でカタールに1-3で敗れ、準優勝に終わった。前半12分、27分とスーパーゴールによって2点のビハインドを背負い、後半24分にMF南野拓実(ザルツブルク)の今大会初得点で反撃の狼煙を上げたが、VAR(ビデオアシスタント・レフェリー)判定でDF吉田麻也サウサンプトン)がペナルティーエリア内でのハンドを取られてPKを献上。1-3とリードを広げられ、通算5度目の決勝で初めて黒星を喫した。

 かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボールアジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップを6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏がカタール戦に先発した11人を10点満点で採点。及第点以下の選手が過半数を占めるなか、大舞台でMF遠藤航(シント=トロイデン)の代役として起用されたDF塩谷司(アル・アイン)が、「ファーストチョイスになり得ないことを露呈した」と酷評された。その理由とは――。

  ◇  ◇  ◇

カタール戦の日本代表スタメン11人の採点(10点満点)

【GK】
権田修一(サガン鳥栖ポルティモネンセ) 5点
FWアルモエズ・アリの先制点に関してはもっと対処の仕方があったと憤る人もいるかもしれない。しかしながら、FWハサン・アルハイドスに視界を奪われていた事実は情状酌量の余地があるだろう。

【DF】
酒井宏樹マルセイユ) 6点
サイドで堂安のサポートに多くの時間を割き、オーバーラップも盛んだった。日本最高のパフォーマーの1人だ。

吉田麻也サウサンプトン) 5点
彼の夜ではなかった。先制点を与えたシーンは、もっとマークをタイトに詰めるべきだった。そして、カタールの3点目となるPKを献上するミスも犯した。

冨安健洋(シント=トロイデン) 5点
準決勝までの出色の活躍と比べると、明確に効率性を欠いた。特にイランのFWサルダル・アズムンを抑えたパフォーマンスと比較しては……。だが、今大会から多くを学んだことだろう。

長友佑都ガラタサライ) 6点
またしても比較的に静かな夜となった。ベテランサイドバックの攻撃参加は活発でもなければ、ファイナルサードでの効率性も全盛期に比べると低かった。彼の時代の終焉なのか……。

遠藤の代役を務めた塩谷は「4点」の最低評価 「ピッチカバーする脚力がない」

【MF】
柴崎 岳(ヘタフェ) 5点
攻撃参加するたびに、塩谷が中盤で猛攻にさらされることに。特に試合の序盤で柴崎のバランスの悪さが散見された。

塩谷 司(アル・アイン) 4点
ピッチカバーする脚力がない。森保監督の使命を遂行できず、カタールに蹂躙された。中盤において、彼がファーストチョイスになぜなり得ないのかを露呈してしまった。

堂安 律(フローニンゲン) 6点
局面打開にスピードパワーに賭けてはみたが、DFアブデルカリム・ハサンという強敵相手にはしばし敵わず。彼も今大会から多くの糧を手にした。

南野拓実(ザルツブルク) 6点
技の光ったゴールで日本に希望を与えた。訓練されたカタールバックラインの穴を突くべくハードワークしたが、物足りなく、遅すぎた。

原口元気ハノーファー) 5点
原口はこの試合でほとんどの時間で沈黙を余儀なくされた。試合にまったく入れず、武藤嘉紀と交代となった時にも驚きはなかった。

【FW】
大迫勇也ブレーメン) 5点
南野のゴールアシストしたが、イラン撃破で示した彼自身のスタンダードには遠く及ばない。カタール守備陣を崩すには彼へのクロスに頼るのではなく、彼のポストプレーを引き出すパスが必要だった。(マイケル・チャーチ/Michael Church)

カタール戦の日本代表先発11人を英記者が採点【写真:田口有史】