元・日本テレビアナウンサーフリーアナウンサー羽鳥慎一が、KBC九州朝日放送の宮本啓丞アナウンサータッグを組む新番組『羽鳥×宮本 福岡好いとぉ』が1月28日スタートした。

冒頭で福岡空港に到着した羽鳥慎一の姿が映り、彼が歩いて移動しているとすれ違う学生たちから「え! すご!」「羽鳥! 羽鳥!」と飛び交う声を受け「ああやって高校生に呼び捨てにされるうちが花ですよ」とコメントして宮本を笑わせた。

まずはKBCスタジオ石原良純黒瀬純(パンクブーブー)、高木悠未(LinQ)とともにトークしながら羽鳥に福岡を学んでもらう。

そのなかで福岡に転勤してきた男性たちへの聞き取り調査から「福岡は住みやすい」「食べ物が安くて美味しい」と挙がるなか、「福岡は美人が多い」「女の子が可愛すぎ」「博多美人と結婚して永住を夢見ている」などの声が目立った。そこで宮本が「ちなみに羽鳥さん、博多美人と言えば?」と羽鳥なりの「博多の3大美人」を聞いた。

羽鳥は「松田聖子さん」「橋本環奈さん」とスムーズに答えながら「3人目がなかなか思いつかなくて、うーん森口博子」と言い放ち、「森口博子さんって言ってあげて」と周囲に突っ込まれる。

すると、福岡県糟屋郡篠栗町出身の黒瀬純が「あと、黒木瞳さんとかね」というので、羽鳥は「黒木瞳さんもですか! あ、じゃあ森口さん外しますよ」とすぐに差し替えていた。

ここでいう「博多の3大美人」の博多は、広い意味で福岡県出身の女性を対象としている。ちなみにナレーション担当は「吉田羊」を推しているそうだ。

その後、番組スタッフメンバー280名を擁する「博多美人会」に潜入したVTRをオンエア、メンバー数名に博多弁で「羽鳥さん、福岡好いとう?」「待っとうよ!」「羽鳥さん好いとう!」と呼びかけてもらったところ、羽鳥は「いやー、あと30分見られますね」とメロメロだった。

スタジオトークの次はロケ映像で、福岡出身の加藤一二三さんと3人で福岡将棋会館を訪れて高校生女流棋士と真剣勝負を行い、収録後には宮本に連れられて羽鳥が福岡の屋台を初体験した。

『羽鳥×宮本 福岡好いとぉ』は毎月1回、月曜日午後7時からの1時間番組。次回は2月18日に放送予定で、どのようなことになるか楽しみだ。

画像は『【公式】KBC九州朝日放送 2019年1月26日Twitter「あと2日!!『羽鳥×宮本 #福岡好いとぉ』天神を3人で歩くだけで騒然!」、2019年1月27日Twitter「あと1日!!『羽鳥×宮本 #福岡好いとぉ』3人で訪れた大野城市の福岡将棋会館では地元福岡の高校生女流棋士と真剣勝負を行い勝負師の顔を見せた加藤さん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト