1963年シンガポールカントンメントロードのブロック1にオープンしたヒルマンレストラン

現在のお店は町はずれにあり、レストランというより大衆食堂といったほうが似合う庶民的なお店ながら、シンガポール在住の日本人に絶大な人気を誇る名店として知られています。

お店は2階建てで約130席。エアコンのある2階席は混みあうので予約をしていくのがベター。

看板に「ヒルマンレストラン(ペーパーチキン)」と書かれているように、このお店の看板料理は、しょう油・紹興酒・ごま油などで作った秘伝のタレに漬け込んだ鶏肉を油紙で包んで油で揚げたペーパーチキンです。

油に熱せられると中に封じ込められた空気が膨らんで、油紙の小袋はパンパンになり、肉汁が鶏肉を蒸しあげていくのだとか。油紙を破った瞬間に香ばしい風味が立ち上り、食欲を刺激します。

蒸しあげられた鶏肉は旨みと脂がぎゅっと詰まっていて、臭みもなく、日本人の口に合うまろやかな味わい。指先がベトベトになるのも忘れて、夢中になってほおばってしまうこと請け合いです。

さて、ヒルマンレストランの名物料理はペーパーチキンだけではありません。いくつかおすすめの料理を紹介しましょう。

上写真の中華風海老の天ぷらは、サクサクの衣とプリプリの海老の食感がおいしい一品。

スペシャル五目土鍋煮込みは、根菜やキノコ油揚げが入っていて、日本人にも親しみやすい味わいです。旅行中の野菜不足が気になる人や、体の中から温まりたい人におすすめ。

ハッピー豆腐」というユニークネーミングのこちらは、厚揚げそぼろあんかけ。マイルドな味わいなので、お好みで辛みをトッピングしてもよいでしょう。

細切り豚肉とピーマンの豆豉炒め。

カンコン(空心菜)の唐辛子ソース炒め。

海鮮のあんかけご飯。

そのほか、今回は食べませんでしたが、スッポンフカヒレなどの高級食材を使ったメニューや、各種麺料理、中華風デザートもあり、かなり品数豊富な印象です。

店内は衛生的で、日本人の口にも合う料理が多いヒルマンレストランシンガポールに行ったら、ぜひ家族や友達とグループで訪れて、ローカルグルメを味わってみてはいかがでしょうか。

店名 ヒルマン レストラン (Hillman Restaurant)
住所 135 Kitchener Road
営業時間 11:30~14:30、17:30~22:30
定休日 旧正月
公式サイト(英語) http://www.hillmanrestaurant.com/

ペーパーチキンだけじゃない! シンガポールのローカルグルメを味わえる大衆食堂「ヒルマンレストラン」