Airlineratings.com は、航空会社の安全性のレーティングを提供しているサービスです。2019年に向けた安全性ランキングを発表しています。世界の435の航空会社が調査対象でした。その結果は?
今年一番安全な航空会社はカンタス!その理由。

(C)NextNewMedia / Shutterstock.com

ランキングトップに輝いたのがオーストラリアカンタス航空。カンタスは航空会社としては最長の98年の歴史があります。現在、羽田または成田から、シドニー、ブリスベン、メルボルン間は毎日運航し、関西からシドニー間は週4便運航しています。

ちなみに日本人乗客による評価を調べてみると、大手旅行会社H.I.S.の口コミの総合評価は3.4でした。「比較的良し」といった感じでしょうか。



さて、Airlineratings.comデータに戻ってみると、カンタスは、全ての評価基準で高得点。特筆されるのは以下の項目でした。

• Future Air Navigation Systemフライデータの記録と、クルーの勤務状況をモニターするシステム)開発のリーダーであること。
• Global Navigation Satelite System(衛星を使ったグローバル・ナビゲーション・システム)で、自動着陸できること。
• 衛星を使って、航行中のエンジンの状況をモニターし、異常を早く察知して大事故を防ぐシステムを使用していること。

なんだか、とにかくすごそうです(笑)
TOP20の航空会社は?
カウントダウン(順位)の発表はありませんが、カンタス以外には以下の19社が選出されています(各社英語表記のアルファベット順です)。
 
ニュージーランド航空
アラスカ航空
全日本空輸
アメリカン航空
オーストリア航空
• ブリティッシュ・エアウェイ
• キャセイパシフィック航空
エミレーツ航空
• エバ航空
フィンランド航空
ハワイアン航空
• KLMオランダ航空
• ルフトハンザ航空
カタール航空
• スカンジナビア航空
シンガポール航空
• ユナイテッド航空
• バージングループ(アトランティックとオーストラリア
 


AirlineRating.comチーフエディター Geoffrey Thomasによれば、「いずれも本業界において傑出した航空会社で、安全性イノベーション、最新機種の導入について先端を行っている。」とのことです。
AirRatingのアプリで安全性チェック
AirlineRating.comアプリを使えば、フライトを安全性で選ぶことができます。

日程、出発空港と到着空港を入力して検索したフライトのリストは、安全性の「すべて・★7つ、★5以上、★以上」でフィルターすることが可能です。そのままチケット購入もできます。旅のプランに活用してみてはどうでしょう。

[All Photos by shutterstock.com unless attributed otherwise]

[AirlineRatings.com]
[カンタス航空]