日本最大級の総合マネースクール ファイナンシャルアカデミー(本社:東京都千代田区、代表:泉正人、以下当校)監修、人気声優の諏訪部順一羽多野渉メインパーソナリティを務め、毎回貯蓄や資産運用などお金について学んでいくラジオ番組『僕のマネーがこんなに増えるわけがないっ!』に、若旦那(新羅慎二)が番組公式テーマソングとして書き下ろした楽曲「千円札が繋いだストーリー」の配信が発表されましたのでお知らせします。


リスナーからのエピソードを元に、若旦那(新羅慎二)がテーマソングを書き下ろし!
『僕のマネーがこんなに増えるわけがないっ!』は、文化放送インターネットラジオチャンネル超!A&G+」で放送中、人気声優である諏訪部順一羽多野渉が番組パーソナリティを務める「エンタメ」×「経済」のラジオ番組ですが、この度、ソロアーティストや俳優、執筆活動などで幅広い活動を続ける若旦那(新羅慎二)が番組のために書き下ろした楽曲「千円札が繋いだストーリー」の配信が決定いたしました。

本楽曲は一般参加型企画として、兼ねてから番組内にて歌詞づくりのための「お金にまつわるエピソード」を広く募集していました。リスナーから寄せられたエピソードを元に若旦那イメージをふくらませ、楽曲として仕上げられたのが「千円札が繋いだストーリー」です。歌の中で描かれる物語を通して「お金の本当の価値」について、聴く人に問う1曲となっており、本楽曲の配信を通じて、一人でも多くの人が「お金との付き合い方」を考えるきっかけになればという想いが込められています。番組パーソナリティである諏訪部順一羽多野渉によるセリフが入った特別版も配信されます。

■商品概要
商品名:千円札が繋いだストーリー
発売日:
1.2019年2月7日 (木)
リリースメディアiTunesApple Music
2.2019年2月21日(木)
リリースメディアSpotifyLINE MUSICAWAGoogle Play Music、レコチョク、mora、dヒッツ 他、デジタル配信メディアおよびサプスクリプションサービス(定額制聴き放題)
価格:¥250/曲、3曲入り¥600
発売元:KSR Corp.
著作権表記:KSR Corp.

若旦那(新羅慎二)プロフィール

2003年湘南乃風メンバーとしてミュージシャンデビューし、2011年よりソロ活動をスタート。自身のアーティスト活動の他にもプロデュースや作詞という形で加藤ミリヤ関ジャニ∞JAMOSAといった様々なアーティストの作品に参加。2018年からは本名「新羅慎二(Nira Shinji)」名義での活動を始めた。2017年には本格的に俳優としての活動をスタートさせ、これまでに「下剋上受験(TBS系)」や「民衆の敵(フジテレビ系)」といった連続ドラマや映画、舞台にも出演。ラジオパーソナリティや漫画『センター ~渋谷不良同盟~』の原作、雑誌 『BARFOUT!』や『SENSE』での連載、イラストや絵画にも表現の幅を広げて活動。さらにムコ多糖症候群患者の支援活動や自然災害被災地の支援活動を継続的に行っている。


■ 『僕のマネーがこんなに増えるわけがないっ!』番組概要
『僕のマネーがこんなに増えるわけがないっ!』は、文化放送インターネットラジオチャンネル超!A&G+」で、毎週水曜25:30~26:00に放送中の「エンタメ」×「経済」のラジオ番組です。番組パーソナリティは人気声優である諏訪部順一(代表作:『テニスの王子様跡部景吾役)と羽多野渉(代表作:『黒子のバスケ』の実渕玲央役)が務め、貯蓄や資産運用などのお金について、毎回楽しいトークを繰り広げています。

本番組は、日本最大級のマネースクールであるファイナンシャルアカデミーが「エンターテインメントの力で金融経済教育をより幅広い層に広めたい」という思いで監修しており、放送のアーカイブファイナンシャルアカデミー公式ページ内にある『オカネチャンネル』でも公開しています。
https://www.f-academy.jp/okanechannel/

・放送日時:毎週水曜25時30分~26時00分(木曜午前1時30分~2時00分)
パーソナリティ諏訪部順一羽多野渉
・媒体:文化放送インターネットラジオ超!A&G+」※音声のみの配信
URLhttp://www.agqr.jp/Twitter:@noganai_info

ファイナンシャルアカデミーとは  http://www.f-academy.jp/
お金の教養を身につけるための「総合マネースクール」です。2002年の創立以来、東京校・大阪校・NY校・WEB受講を通じて16年間で延べ48万人の方が、貯蓄や家計管理といった生活に身近なお金から、資産運用、キャリア形成、人生と社会を豊かにするお金の使い方までを学んでいます。

配信元企業:日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ