有機野菜の基本の「き」を知ろう!

一生に食べられる量って決まってます。だからせっかく食べるなら、安全でおいしいものがいい!ということで、有機(オーガニック)の野菜に注目している女子は多いのではないでしょうか?

ところでその野菜が「有機」かどうか、どうやって判断すればいいのでしょうか?そもそも有機って何?

そもそも有機の基準は?

そもそも、有機ってどういうことを言っているのでしょうか?農林水産省の基準では、農薬や化学肥料を使っていない土を用いて生産することで、そうやって育った農産物のことを有機野菜と言います。そして、その土壌が生態系の維持ができることも大切な要素です。

*もっときちんと知りたい人は、以下を参照してください。
農林水産省

つまり、有機の食品は自然の生態系の一部である私達の体にも、いい循環を起こせるものなのです。

安全な食品についている「有機JAS」マーク

安全な野菜についている「有機JAS」マーク。太陽と雲と植物をイメージしたマークです。有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが、「有機JAS」マークを貼ることができます。

この「有機JAS」マークがない農産物と農産物加工食品に「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示をつけることは法律で禁止されています。

これ、とても厳しいのです!だからこそ、安心の目安になりますね。

「有機JAS」マークをつけるには?

今回は、意外と見過ごしがちな「有機JAS=安心」の理由をおさらいします。

Q:農薬や化学肥料はいつから使っていないの?

収穫から2年以上(果物などの多年生作物は3年以上)、指定された農薬や化学肥料を使わずに育てたものを有機としています。

Q:隣の畑が農薬を散布していても大丈夫

いくら農薬を使っていないと言っても、隣の畑が撒いた農薬が飛んできていたら意味がありませんよね。また、空気汚染などにより雨水に明らかな害がある場合などは、自主的に農薬を使っていなくても認められないことも。その都度、検査員により状況判断が行われています。

Q:使ってもいい農薬があるって本当?

本当です。そもそも農薬の定義は「農薬取締法で定められた薬品」ということ。その中には、毒性の高いものから比較的安全なものまで色々あります。例えば、殺菌・殺虫効果がある「石灰硫黄合剤」などは比較的安全性も高く、使用OKな農薬です。

Q:使ってもいい肥料はどんなもの?

家畜の糞や、魚のカス、米ヌカやモミ殼など、もともと植物や動物の体だった「有機物」から作った「有機肥料」は使ってもOK。有機肥料は、土に栄養を与えるだけでなく、産業廃棄物の活用にもなります。他にも草木灰、炭酸カルシウム、硫黄など一部の無機肥料も使えます。

Q:特別栽培農産物とは何が違うの?

「有機農産物」とともに、安全なイメージのあるこの言葉。「特別栽培農産物」とは、農薬や化学物質の量を半分に減らして作られたもののこと。ただ「半分」の基準は農家によってまちまち。たくさんの農薬を使っていた畑なら、半分にしていたところで安全性は保証できません。

今度有機の野菜を手に取る時には、ぜひ「有機JASマーク」にも注目してみてくださいね

ライター:幸雅子
出典:『ヨガと食事をもっと楽しむ』/「有機野菜の基本のき!」
教えてくれた人:潮田和也(らでぃっしゅぼーや)

今さら聞けない「有機」って何だっけ?体に優しい有機野菜の選び方