U-12の世界一を決めるFIFA公認の国際サッカー大会「ダノンネーションズカップ」の日本国内予選「ダノンネーションズカップ2019 in JAPAN」が3日、福島県JFA ナショナルトレーニングセンター J ヴィレッジ(福島県双葉郡楢葉町山田岡美シ森 8)にて行われた。

初の開催となった福島会場予選は、福島県内の6チームを始め、過去に優勝経験のある「川崎フロンターレ U-12」や「柏レイソル U-12」などJリーグの下部組織チームのほか、北海道、東北、北陸、関東、中部エリアより1都1道13県の全32チームが集まり、熱い戦いが繰り広げられた。

今回の予選が3月に行われる本大会へ出場する最後の男子4チームを決める大会ということもあり、これまでの地方予選の中でも類を見ないほどハイレベルな試合が繰り広げられた。

グループリーグ終了後、各グループを1位で通過した8チームの本大会出場決定戦の組み合わせ抽選を実施。アンバサダーであり、この日Jヴィレッジを訪れた元日本代表MF前園真聖氏がドロワーとなり抽選を引くと、「川崎フロンターレ U-12」対「ブルーボタン SC」、「大豆戸 FC」対「柏レイソル U-12」、「浦和レッドダイヤモンズジュニア」対「東京ヴェルディジュニア」、「名古屋グランパス U-12」対「bandai12ジュニア」の対戦カードに決定した。

過去にダノンネーションズカップ世界大会出場経験を持つ「川崎フロンターレ U-12」は、「ブルーボタン SC」を相手に試合開始から自慢のパスワークで翻弄し、見事6-0で勝利。その他の3試合は、いずれもPK戦まで持ち込む拮抗した試合となり、「柏レイソル U-12」、「浦和レッドダイヤモンズジュニア」、「名古屋グランパス U-12」の3チームが試合を制し、本大会出場全チームが出揃った。
試合を見守った前園氏は「ダノンネーションズカップという歴史のある大会で、ぜひ世界を目指してチームとしても個人としても志高くプレーしてほしいです」と本大会出場決定チームエール。また、Jヴィレッジでの予選開催については「ダノンネーションズカップは歴史もあり、世界を目指せる大会でもあります。それがJヴィレッジで行われたことは、とても意味のあることだと思います。今年だけでなく、毎年継続してJヴィレッジでこういった大会が行われることを願っています」とコメントした。

「ダノンネーションズカップ 2019 in JAPAN」では今後、3月23日(土)・24日(日)に、駒沢オリンピック公園総合運動場にて、世界大会に進出する男女各1チームずつを決める本大会を開催。本大会にも、福島会場予選同様、大会アンバサダーの前園真聖氏が来場し、決勝戦の解説や表彰式でのプレゼンターを務める予定となっている。

なお、本大会を勝ち抜いた男女各1チームは、今年100周年を迎える、ダノンのヨーグルト事業発祥の地であるスペインバルセロナで開催される世界大会への出場権を獲得しする。

本大会出場チーム:福島会場予選
〈男子〉
川崎フロンターレ U-12

浦和レッドダイヤモンズジュニア

柏レイソル U-12

名古屋グランパス U-12
サムネイル画像