女優の深田恭子が、5日に放送されたTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(毎週火曜22:00~)の第4話で、お笑い芸人・ブルゾンちえみに扮してネタを披露し、「エロ可愛い」「可愛すぎ」と話題を呼んでいる。

第4話では、順子(深田恭子)と匡平(横浜流星)たちが3泊4日で塾の強化合宿に行くことに。東大合格へ向け猛勉強のはずが、合宿所の近くに会社の保養所があると雅志(永山絢斗)が現れ、匡平は勉強だけに集中できない状況になってしまう。しかし順子は匡平の成績を上げることで頭がいっぱいで・・・といったストーリーだった。

そんな合宿最終日の夜、勉強漬けだった生徒たちを労うキャンプファイヤーが開催され、講師陣による余興が披露された。登場したのはブルゾンちえみに扮した順子とwith B役の梅岡(生瀬勝久)と勅使河原(高橋洋)。深田は、タイトなミニスカートハイヒール、濃いメイクを施した姿で、「どうもー、効率的な仕事ぶり、充実した私生活を夢見る女教師です」と、順子版ブルゾンをスタートさせた。

そして深田は、ダンスや髪をかき上げる仕草もマスターして“35億”のネタを完コピ。生瀬と高橋も、シャツを脱ぎ捨てて中に着ていたTシャツに書かれた文字を見せるパフォーマンスでwith Bことブリリアンになりきり、3人のパフォーマンスに生徒たちは大盛り上がりだった。

SNS上でも、「普通にブルゾン深キョン可愛いすぎだわ」「深キョンのブルゾンかわいすぎ」「深キョンのブルゾンめちゃめちゃ綺麗なんだが」「深キョンのブルゾンは保存版でしょ」「深キョンのブルゾン、エロ可愛い!」「深キョンがブルゾンの動きするとエロいな~!」などと絶賛の声が上がっている。

画像提供:マイナビニュース