2018年12月に創業90周年を迎えた日本美のミュージアムホテルホテル雅叙園東京(運営:株式会社目黒雅叙園 / 所在地:東京都目黒区) では、RISTORANTE “CANOVIANO”にて、2月4日(月)~17日(日)までの期間限定で、鹿児島の県産食材を使用したフェアを開催中です。

レストラン内観


にんにく唐辛子バタークリームなどの動物性油脂を極力使わず、オリーブオイルや野菜などの自然の味わいにこだわった、自然派イタリアンRISTORANTE “CANOVIANO”を率いるシェフ 植竹隆政は、今回、鹿児島県が主催する「鹿児島の食 レストランフェア」に参加し、鹿児島黒牛をはじめ、かごしま黒豚や黒さつま鶏などの畜産物をはじめ、さつまいもそら豆などの農産物や、ブリ、カンパチ、ウナギ等の水産物、黒酢や焼酎まで、幅広い食材と県産品を誇る鹿児島県の県産食材を使用したオリジナルメニューを期間限定で提供いたしております。鹿児島の豊富な食材をご堪能いただけるランチコースとディナーコースを是非お試しください。

シグネチャー料理「冷製カペッリーニ」(イメージ)

鹿児島食材×RISTORANTE “CANOVIANO”

LUNCH MENU
お一人様 5,000円(税・サ別)

ヒゲナガエビとさつまあまてらすの冷製カペッリーニ カラスミ添え

南国元気鶏のムネ肉のサラダ仕立て 黒オリーブ風味

釜揚げしらすキャベツ 菜花のスパゲッティーニ

マダイのポワレ 指宿の空豆のスープ仕立て
焼き野菜と新ごぼうフリット添え
または
黒豚ロース鉄板焼き キャンビーとミニトマトソース
はるかロースト添え

ココナッツブランマンジェ さつまおとめのソース
きんかんのマーマレード添え

コーヒー


DINNER MENU
お一人様 7,000円(税・サ別)

ヒゲナガエビとさつまあまてらすの冷製カペッリーニ カラスミ添え

南国元気鶏のムネ肉のサラダ仕立て黒オリーブ風味

マダイのポワレ 指宿の空豆のスープ仕立て
焼き野菜と新ごぼうフリット添え

黒豚の赤ワイン煮と実えんどうのフェットチーネ

黒牛のランプ肉のロースト マッシュルームソース
タケノコとスナップエンドウのソテー添え 春菊の焼きリゾット

鹿児島柑橘類のマチェドニア 白ワインゼリー
さつまおとめのシャーベット添え

コーヒー

メニュー内容は一部変更となる場合がございます。


レストラン概要>
◆名称  RISTORANTE “CANOVIANO” (リストランテ 「カノビアーノ」)
◆場所   東京都目黒区下目黒1-8-1(ホテル雅叙園東京内)
◆営業時間 平日   11:30~14:30(L.O) / 17:30~21:30(L.O)  
     土日祝 11:30~15:00(L.O) / 17:30~21:30(L.O)
◆席数      66席
セミプライベートルーム  1室  8席
テラス席   24席
◆ご予約 050‐3188‐7570 (レストラン総合案内 9:0020:00)

植竹隆政 Takamasa Uetake
RISTORANTE “CANOVIANO”シェフ 植竹隆政

1963年神奈川生まれ。高校卒業後、東京調理師専門学校で和食、中華、西洋料理を学ぶ。「バスタパスタ」の開業メンバーとして活躍した後、単身イタリアに渡る。3年間の修行中にオリーブオイルイタリア野菜の美味しさに開眼。帰国後、渋谷「ビゴロッソ」の料理長を経て1999年代官山に「カノビアーノ」をオープン。日本における自然派イタリアンの第一人者として、にんにく唐辛子バタークリームなど動物性油脂を極力使わず、オリーブオイルや野菜など自然の味わいを大切にしている。


配信元企業:株式会社目黒雅叙園

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ