麗澤大学(千葉県柏市/学長:中山理)は、 2月13日(水)~14日(木)に、委員会、部活動、サークル等の課外活動団体のリーダーとなる学生約70名を対象に、リーダーセミナーを開催します。
リーダーセミナーとは、主に課外活動におけるリーダーの重要性の認識と意識の向上を図ること、団体運営に必要な組織マネジメント能力を高めることを目的としたセミナーです。学生が主人公となり、自主独立することをめざし、創立以来の伝統として受け継がれている全人教育「リーダーシップ教育」のうちのひとつで、毎年数々の課外活動リーダーが誕生し、活躍しています。
本セミナーでは、グループワークやディスカッションを通じてリーダーの重要性を確認し合うとともに、リーダー同士の相互理解を深め、課外活動の活性化を図ります。グループワークの一例として、課外活動団体の立ち上げから部員獲得、団体の方針・目標設定、その目標の達成方法を、グループメンバーと討論しながらシミュレーションをしていきます。また、麗澤大学の学生相談センターによるワークショップを通して、リーダーとして組織をマネジメントしていく上で効果的なコミュニケーションについて学び、スキルの向上を図ります。
過去のセミナー参加者からは、「他のリーダーと交流を持つことができ、その中で同じ悩みをかかえていたことが分かった」、「リーダーの在り方について考えることが出来た」といったコメントがありました。本セミナーを通して、参加者が学んだことを今後の課外活動の中で活かし、リーダーシップを発揮することを期待します。

リーダーセミナー
日程: 平成31年2月13日(水)~14日(木)(1泊2日)
場所: 麗澤大学 校舎あすなろ・研修寮 https://www.reitaku-u.ac.jp/about/access.html
対象者: 平成31年度 課外活動団体(委員会、部活動、サークル等)リーダー 約70名
研修内容: グループワークグループディスカッション等
運営: 麗澤大学 大学事務局 学生支援グループ

▲昨年度セミナーの様子

【麗澤大学について】
麗澤大学は昭和10年、創立者の廣池千九郎(法学博士)が「道徳科学専攻塾」を現在のキャンパス千葉県柏市光ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、国際社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学・高校・中学・幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界約30の国・地域から留学生が集まり、さまざまな言語が飛び交っています。

配信元企業:麗澤大学

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ