アジアカップで左サイドを躍動した長友佑都日本代表と言えばサッカーだけでなく空港でのファッションでも我々に話題を振りまいている。その中でも、ファッション好きの筆者も驚くほど長友の私服はとてもお洒落なのだ。

ファッションの都」ミラノを本拠地とするインテルで長年プレーしていただけに、イタリア仕込みのドレッシーなスタイルが好みのようだ。特に着用率が高いのは「LARDINI(ラルディーニ)」のジャケット。ラペルに輝く花型のブードニエールアイコンとするイタリアブランドだ。

愛妻の愛梨さんとの食事の場面を見てみよう。ジャケットで決まっているのがわかるだろうか。

香川真司本田圭佑と連れ立っての外出の際もラルディーニのジャケットでビシッとキメている。

日本の総代理店・リデア株式会社によると、ラルディーニは1978年イタリアアドリア海に面する港町アンコーナにて創業。有名メゾンブランドの生産を30年以上委託されてきたスーツファクトリーが、高い縫製技術を生かして設立したオリジナルブランドだ。400人体制で手作業の生産を行い、イタリア屈指のファクトリーブランドとして名を馳せている。

筆者もジャケットを所有しているが、身体のラインを美しく見せる適度なタイトシルエットと、ラペルのアイコンに気分が上がる。

日本ではリデア株式会社が運営する「ストラスブルゴ」や「ビームス」で取り扱っている。

LARDINI(ラルディーニ)」の次に着用頻度が高いのが、「TAGLIATORE(タリアトーレ)」だ。ラペルに光る帽子型のアイコンが何とも可愛らしいイタリアブランドだ。Instagramでは、タリアトーレに身を包んだ「アモーレ」のオフスタイルを見られる。

妻の愛梨さんとの食事の際はシャツに合わせたリラックススタイルで大人の余裕を醸し出している。

代表戦後の空港でのラウンジでは、タートルネックに合わせて少しカジュアルに。

タイドアップしてエスプレッソを嗜む姿も絵になる。

タリアトーレ1960年代に創業したLERARIO(レラリオ)社が母体となり、二代目のPino Lerario(ピーノ・レラリオ)が立ち上げた。イタリア語で「裁断士」を意味し、卓越したカッティング技術と厳選した素材の組み合わせが特徴だ。バイヤーがボタンの種類やステッチ、肘パッチの有無を選択でき、人生もファッションも謳歌するイタリア気質が注がれている。

筆者も着たことがあるが、タリアトーレは両脇からウェストを絞った立体的なシルエットが特徴だけに、ラルディーニに比べると胸周りや肩周りが細い…。シャープシルエットが好きな方はお好みだろう。日本では「B.R.ONLINE」やビームスで購入できる。

日本代表の公式サイトによると、長友は170センチ68キロで、日本人の平均的な体型に近い。伊達男を目指すなら、あなたもトライしてみてはいかがだろう。

飛行機での移動時間中にちょい悪オヤジ御用達のファッション誌「LEON」を読むなど、ファッションが大好きな長友。ピッチ外の姿にも注目したい。

長友はピッチ外でも伊達男!イタリア風ファッションを刮目せよ