1_e

 数年前にイギリスで誕生した「ベンタブラック」は、可視光の99%以上を吸収し、異次元の黒さを実現した新素材だ。

 2017年、その使用権をめぐり現地アーティストの間で争いが勃発。

 ベンタブラックを独占するアニッシュ・カプーアと、彼に対抗して多くの人が入手できる類似塗料「BLACK 2.0」を開発したスチュアート・センプルの争いは大きな反響を巻き起こした。

 そのセンプルがこのほど「BLACK 3.0」の開発に成功!

 従来よりも光吸収率と利便性がアップした超黒塗料が、ついに世界の一般市場に進出するという。

―あわせて読みたい―

黒すぎてブラックホール。史上最高の黒さを誇る新素材「ベンタブラック」が開発される
史上最も黒い超黒物質ベンタブラックの液体塗料が開発される。驚きの光吸収実験
棒持ってるようにしか見えない!史上最も黒い超黒塗料「ベンタブラックS-VIS」を塗った物体同士を重ね合わせてみた
あの黒すぎる超黒塗料「ベンタブラック」の独占権を取得した芸術家とできなかった男性のバトルが勃発、ついにはこんな商品が一般販売に
ブラックホールすぎて負傷者が!超黒色塗料「ベンタブラック」で塗られた穴に落ちた来場者(ポルトガル)

超黒塗料を独占したカプーア

 けた外れの黒さを発揮するベンタブラックは、およそ5年前にイギリスのナノテクノロジ―企業が開発した新素材だ。

 その使用権を独り占めするアニッシュ・カプーアといえば、底知れない真っ黒な穴のアートを制作。その展示でケガ人が出たことでも話題になった人物だ。

・ブラックホールすぎて負傷者が!超黒色塗料「ベンタブラック」で塗られた穴に落ちた来場者(ポルトガル):カラパイア

 だが、カプーアが世間の注目を集めるのはこれが初めてではなく、独占権を取得した時から地元アーティストに反感を持たれていた。

対抗してBLACK 2.0を開発したセンプル

 中でも特に不満に思っていたのが、スチュアート・センプルだ。彼は数年前からカプーアに対抗し始め「世界で最もピンクピンク」などの塗料も開発。

 それを売る際に「カプーアだけには売らない」という条件を提示し、当のカプーアから屈辱的なインスタグラムを返されるなど険悪な関係に突入していた。

 そして2017年リベンジに燃えるセンプルは仲間たちと協力し、ベンタブラックに寄せた「BLACK 2.0」を開発した。

 その塗料はベンタブラックより劣るものの、カプーアを除く世界中のアーティストが購入して使える超黒マットなアクリル塗料として話題を呼んだ。

 ・あの黒すぎる超黒塗料「ベンタブラック」の独占権を取得した芸術家とできなかった男性のバトルが勃発、ついにはこんな商品が一般販売に:カラパイア

 だが、その出来栄えに満足してなかったセンプルがこのほど「BLACK 3.0」を開発。今年1月末からキックスターで資金集めを行っていた。


The New World's Blackest Paint (Black 3.0) vs the Brightest Flashlight!

より黒く使い勝手の良いBLACK 3.0が登場!

 BLACK 2.0を超えるBLACK 3.0は、光吸収率を98~99%に高めたもので、新たな成分の使用などにより、もっと便利な超黒塗料になったという。

3_e

 黒色顔料が抱える問題の多くは、わずかにある反射性だ。それは顔料に含まれる炭素、石炭、または木炭のせいだった。

 そこでセンプルと仲間たちは研究室にこもり「Black Magick」というマットな顔料を新たに生み出した。

 BLACK 2.0はつや消し効果のためにほんの少しグレーががった色味を含んでいた。だが、BLACK 3.0は初めからBlack Magickを使用しているため、グレー成分がいらなくなったという。

 いろいろな塗料ブランドの黒色と比較するとこんな感じ(画像は無加工)
4_e

 またBLACK 3.0は、顔料をよりよく保持する工夫として新しいポリマーも含有している。

 これでより多くの顔料にしっかり定着し、従来品では不可能だった顔料の濃密化が可能になり、色の深みも出せるそうだ。

多くの人が簡単に使える超黒塗料BLACK 3.0

  カプーアのバンタブラックのようなスーパーブラック塗料の多くは「使い方が複雑で非常に高価」だが、センプルのBLACK 3.0は「アーティストに非常に手頃な価格で、使いやすいペイント」だという。

 光吸収率でだけで比べるなら、99.8%以上のバンタブラック塗料がまだ高い。だがその塗料は使用も許可制、使う場所は実験室のみ、などさまざまな条件を満たさなければならない。

 一方で アクリル絵の具のBLACK 3.0はすべての人(カプーア以外)が気軽に使える。そのため、ほぼ万人を対象とした超黒塗料の中ではBLACK 3.0が世界一という声もあるようだ。

 BLACK 3.0は無毒で水でうすめられ、ブラシ、スプレーローラーも使える
2_e

 なお、このサンプルは世界中のおよそ1000人のアーティストに配布され、そのうち93%から前より良いという反応を得た。

目標額の5倍以上の資金を獲得。一般市場は目前

 BLACK 3.0は、キックスターターですでに目標金額の25,000ポンド(約360万円)を達成。今年3月初旬には世界中の出資者に発送される。

 なお、150mlのBLACK 3.0にバッジなどがついた10ポンド(約1430円)のセットは完売したもよう。


The blackest black paint in the world! Black 3.0

 しかも現在は目標の5倍以上もの資金が集まっており、今後は広く販売されることになりそうだ。

 なお、カプーアは相変わらず販売対象から除外されており、キックスターターには以下のような文言が提示されている。

このプロジェクトへの支援により、あなたがアニッシュ・カプーア本人ではなく、彼の関係者や支持者や仲間でもないことが確認できます。この塗料に関してあなたが知りうる情報などがカプーアの手に渡ることはありません

 実用面ではベンタブラックをしのぐBLACK 3.0。この件に関するカプーアの反応は不明だが、これであの落とし穴を超えるいろんな超黒アートが生まれるかもしれないな。

References kickstarterなど /written by D/ edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52270697.html
 

こちらもオススメ!

グッズ・商品の紹介記事―

さりげなく地元愛を主張しちゃう?各都道府県の形がモチーフになったペンダントが販売開始。北海道でかっ!
こ、これは!?スマートフォン装着型スプーンナイフがキックスターターで資金募集中。その使い方が・・・
マニアにはたまらないのか?崎陽軒からクッションとブランケットが販売中
クローンかな?愛犬・愛猫そっくりのモフモフ度マックスなオーダーメイドサンダル
職場の生産性が上がる香り。ポジティブな感情を引き起こすアロマ「スピリット・デ・トラヴェイル」が販売中

サブカル・アートについての記事―

重力ペンキ必要かな?外から見るとまるっと逆さま。ロシアにあるトリックアートの家、その中は?
アレな生態系日常漫画「いぶかればいぶかろう」第12回:いぶり家に猫が3匹いる理由
さりげなく地元愛を主張しちゃう?各都道府県の形がモチーフになったペンダントが販売開始。北海道でかっ!
この中に動物がひそんでます。ペルシア絨毯を使ったカモフラージュ的動物彫刻
顔の内側に潜むホラー。何層にも折り重なった不気味な世界が顔面に広がるコラージュ(恐怖系アート注意)
「ベンタブラック」と使用権をめぐる争いの末に生まれた超黒塗料が更に黒くなって世界の一般市場に進出予定!