テラドローン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役/徳重 徹、以下テラドローン)は、この度 インドネシアUAVサービス企業であるAeroGeoSurvey (バンドン・インドネシア、CEO/マイケル・ウィシュヌ・ワーダナ・サイアジアン)と出資契約を締結し、Terra Drone Indonesiaを設立することになりましたことを報告致します。

握手を交わす羽渕毅氏 (海外事業開発本部 東南アジア事業統括) とマイケル・ウィシュヌ・ワーダナ・サイアジアン氏 (AeroGeosurvey Indonesia代表)
今回テラドローンが出資したAeroGeoSurveyはUAVを活用した写真測量を中心に、オイル&ガス分野等の点検・監視サービスの他、UAV事業者向けの研修やコンサルも実施するインドネシアを代表するUAVサービス企業です。インドネシア国内の大手企業から同国に進出しているグローバルトップ企業まで多数の顧客向けに豊富なサービス実績を有しています。

今回の出資によってAeroGeoSurveyが有する経験やインドネシア全土における幅広いネットワーク、及びテラドローンが持つ3次元測量ノウハウや従来のUAVレーザーに比べ約1/2~1/3の価格ダウンを実現したオリジナルLiDARシステムTerra Lidar」等の最先端技術を組み合わせることで、サービスの高度化を実現すると共に、今後は建設、都市計画、電力、農業、マイニングといった更なる幅広い分野に対するサービスも展開していきます。
自社開発による最新のUAV LiDARシステム「テラライダー」
また、Terra Drone Indonesiaでは、インドネシアを起点としてテラドローンのグローバルネットワークも活かしながら東南アジア各国への事業展開・技術者派遣等も進めていきます。


テラドローンは今後もグローバルの更なる事業拡大とより良いサービスの提供に尽力してまいります。



AeroGeoSurvey

AeroGeoSurveyはUAVサービス分野におけるインドネシアのリーティングカンパニー2016年の設立以来555,000ha、600kmを超える範囲でUAVを活用した写真測量や点検・監視サービスを実施している。


■テラドローン株式会社

本社を東京におき、全国7支社とAPECやEU、 アフリカオーストラリアなど世界で10拠点を構え、国内外にてドローンを用いたレーザー・写真測量を実施、高精度3次元図面を短時間で作成、施工管理に役立つサービスを提供するドローンスタートアップ。日本では大手ゼネコン・建機メーカー・測量会社等からの案件を中心に、600回以上のドローン測量実績を有しi-ConstructionのUAV測量実績も全国トップクラス。海外ではオイル&ガス、電力、マイニング分野を中心とした保守・点検サービスの展開を加速させている。現在は国内外で250件以上のUAVレーザー計測実績を基に、早稲田大学との共同開発によるオリジナルLiDARシステムTerra Lidar」の開発に成功。国内外への販売拡大を予定している。

ドローン管制システム(UTM)においては、グローバルリーディンカンパニーとして市場を牽引。3年前に筆頭株主としてUnifly社(ベルギー)へ出資後、昨年も追加出資を行い、現在日本、ヨーロッパアメリカ等海外各国でUTMシステムを展開している。

グループ会社はアジアで電動二輪、三輪を製造販売し、海外売上比率85%、年間3万台を売り上げるテラモーターズ株式会社



■本件に関する問い合わせ
テラドローン株式会社
電話 : 03-6419-7193
メール: info.jp@terra-drone.co.jp
HP : http://www.terra-drone.net

配信元企業:テラドローン株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ