アジア最大級の格闘技プロモーションの『ONE Championship』が2019年3月31日、東京の両国国技館にて「ONE: A NEW ERA」を開催する。今年度最高の格闘技イベントになることは間違いない本大会に於いて、格闘技メディアファンが注目すべき6つのトピックを紹介する。

ONE Stadium
◆ 日本初上陸

東京の両国国技館3月31日に開催される「ONE: A NEW ERA」。世界的な格闘技の聖地と言われる日本で初めて大会を実施する意味は大きい。我々『ONE Championship』だけでなくメディアファンなど格闘技を愛する全ての人々にとって記憶に残る一大イベントになるだろう。日本で記念すべき瞬間を迎える『ONE Championship』。勿論、その提供するカードは真の格闘技ファンなら見逃すことはできない強力なものばかりだ。



◆ 4大タイトルマッチ

ONE: A NEW ERA」は日本初上陸に相応しい強力なカードが目白押し。ラインナップに4つのタイトルマッチが並んでいるのを見れば、『ONE Championship』の日本進出に向けての本気度が分かるはず。更に、この4大タイトル戦の内3試合が必見の再戦であることも見逃せない。

ONE世界ミドル級タイトルマッチでは、王者アウンラ・ンサン(ミャンマー)が挑戦者の長谷川賢(日本)と対戦。両者は昨年6月の「ONE: SPIRIT OF A WARRIOR」でタイトルマッチを行い、ンサンが5回TKO勝利で王座を防衛した。“史上最高のぶん殴り合い”と評されたその壮絶な死闘は「ONE年間ベストバウト」に選ばれた。

ONE世界バンタム級タイトルマッチは、王者ケビン・ベリンゴン(フィリピン)vs 挑戦者ビビアーノ・フェルナンデスブラジル)。実は、両者にとってこれが3度目の対戦。べリゴンが勝って真の王者を証明するか、ビビアーノの巻き返しが見られるのか、三度目の正直とも言える注目の一戦になる。

今大会メインイベントONE世界ライトタイトルマッチは、王者エドワード・フォラヤン(フィリピン)と挑戦者の青木真也(日本)が激突。両者は2016年の「ONE: DEFENDING HONOR」でタイトルマッチを行い、当時は挑戦者だったフォラヤンが王者の青木から3RTKO勝利を飾った。日本大会のメインマッチという最高の舞台で青木がリベンジの末にベルト奪還を果たせるのか、日本の格闘技ファンなら絶対に見逃す事が出来ない一戦になることは間違いない。

見逃せないと言えば、女子アトム級世界王者アンジェラ・リーの挑戦も必見だ。アンジェラは一つ階級上のストロー級で王者ション・ジンナン(中国)とタイトルマッチを行い、ONE史上初の女子2階級制覇を狙う。



◆ 世界トップファイターONEデビュー

4大タイトルマッチだけでも十分なラインナップと言えるにも関わらず、本気の『ONE Championship』はこれだけでは終わらせない。「ONE: A NEW ERA」には、元UFC王者の“マイティマウス”デメトリアス・ジョンソンと “アンダーグラウンドキングエディアルバレス(ともに米国)が初参戦する。世界トッププロモーションのベルトを巻いた二人のキングONEのケージに足を踏み入れる姿をアジアだけでなく、北米のファンも注目するだろう。歴史的な瞬間を見逃すな!



フライ級GP・ライト級GP 2大トーナメントの開催

ONE Championship』は2019年、デメトリアスとアルバレスの参戦を機に両者の階級であるフライ級とライト級にて、ワールドグランプリを開催。「ONE: A NEW ERA」ではトーナメント1回戦として、デメトリアスは若松佑弥(日本)と、アルバレスはティモフィ・ナシューヒン(ロシア)と対戦する。

ONEに移籍して初めての試合だけでも注目なのに、階級の頂点を決めるトーナメントの初戦。UFCのベルトを巻いた両者がこのONEの舞台でも頂点に立つことが出来るのか、二人のキングの挑戦も必見だ。



◆ 世界最高峰の打撃戦

設立当初はMMAプロモーションとして活動していた『ONE Championship』。しかし、今はキックボクシングムエタイなど様々な格闘技の試合も実施するなど、世界中のキックボクシングファンを唸らせる名勝負を次々と生み出してきた。

ONE: A NEW ERA」では、キックボクシング部門のSuper Seriesレジェンド対決が実現。アンディ・サワー(オランダ)とヨドサンクライIWE・フェアテックス(タイ)が拳を交える。

多くの立ち技強豪ファイターとの契約を結び、同部門にも力を注いでいる『ONE Championship』。総合的な格闘技プロモーションとして進化した事実をこのレジェンドマッチを通して体感できるはず。



◆ 北米市場へメディア進出

ONE Championship』は米国メディア大手Turner Sportsと契約。これによりB / R Liveでのイベントの放送とTNTでの一部セグメント放送が可能となり、更に多くの視聴者2019年の全イベントを観戦する事となる。北米の格闘技ファンが参加する事で「ONE: A NEW ERA」はエポックメイキングイベントとなり、『ONE Championsip』は北米市場でのアジア最大級の格闘技プロモーションとしてのプレゼンスを確立するだろう。




お問い合わせ先:
Tammy Chan, ONE Championship
(e): t.chan@onefc.com
(m): +6019 326 2473


日本語でのお問い合わせ先>
Global Speed合同会社
Mailone-championship@globalspeed.jp

配信元企業:ONE Championship株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ