ビジネスというものは様々あります。ネットで服を売るビジネス仮想通貨を用いたビジネス、何かのサービスを行うビジネス。そこには必ず需要があるから供給されるわけでして、こんなもの誰が必要とするんだ?と思うのかもしれませんが、実際に欲しい人がいるからこそビジネスが成立しているわけです。

自分の排泄物を売るビジネス

さて今回話題となっておりますのは、ちょっと興味のない方はサクッと読まずにブラウザを閉じていただいたほうがいいのかもしれません。それは自分の排泄物の写真を売るというとんでもない永久機関ビジネスです。

売っているのは元WWEのレスラーShotziさんです。

つまり、Shotziさんは自分排泄物の写真を撮影し、それをネットで販売するというビジネスを思いつき、聞いた話だけでは、一体誰が買うんだ?と思うのかもしれませんが、実際に購入者がいるとのことです。

値段は5ドル(550円)ほどでPayPalで送金を行います。お金を払うとこのぼかしを外した写真を送ってくれるというシステムです。

Shotziさんを知らない方であれば、ドン引きですが、知っているファンであればある意味「見てはいけない物を見る」背徳感でいっぱいになり興奮するのかもしれません。

よく考えてみてください、絶対に排泄をしないとされる、あの1000年に一度のアイドルのソレがあるとすれば・・・

なんとなく分かるような気もします。

掲載元
https://www.mirror.co.uk/news/weird-news/former-wwe-star-selling-photos-13957089



画像が見られない場合はこちら
天才かよ!女性レスラーとんでもない「永久機関ビジネス」を生み出してしまう!