過激な動画でお馴染みのゆるキャラちぃたん☆」に、ゆるくないトラブルが起こっている。


 高知・須崎市の“自称”観光大使であるちぃたん☆須崎市にはすでにご当地キャラクターの「しんじょう君」が存在するが、ちぃたん☆しんじょう君の見た目が似ている(作者が同じ)ため、動画を見て勘違いした人などから「なぜ危ないやつを観光大使にするのか」などと須崎市に苦情が殺到していた。


 そんななか楠瀬須崎市長は6日、ちぃたん☆に「活動停止」を求めていると会見で明らかにした。しんじょう君の著作権を侵害し不正競争に該当すること、一時期までは良好な関係を築いていたが無断で商標出願するなど信頼関係が損なわれたことなどが理由だという。

須崎市ちぃたん☆をめぐる経緯】

2013年しんじょう君が誕生

2017年須崎市しんじょう君を商標登録

2017年ゆるキャラちぃたん☆が誕生。所属事務所が商標出願

2018年しんじょう君との酷似を理由にちぃたん☆の商標は却下

2019年1月:ちぃたん☆の過激動画で須崎市へ苦情が殺到。市がちぃたん☆側へ活動停止を求める

2019年1月:須崎市ちぃたん☆が出演するテレビ番組へ活動停止について通知


 この件について、須崎市側は「違法状態を認識しているなら直ちに活動停止してほしい。訴訟も選択肢のひとつ」と主張。一方のちぃたん☆側は「現在、経緯などについて事実確認を進めている。近日中に発表させていただく」としている。

AbemaTV/『けやきヒルズ』より)


ちぃたん☆の過激動画はこちら