株式会社楽天野球団は、沖縄県金武町で行う春季キャンプ後半戦『マジェスティック スプリンキャンプ 2019』(11日から開催)の参加メンバーを8日、発表した。現在、一軍は久米島久米島野場で、二軍は久米島の仲里野球場でそれぞれキャンプを行っているが、若干数の入れ替えがあった。

▽投手
松井裕樹岸孝之、近藤弘樹、則本昂大美馬学森雄大藤平尚真、弓削隼人、池田隆英福井優也、ブセニッツ、ハーマン、宋家豪、濱矢廣大、渡邊佑樹、森原康平高梨雄平、鈴木翔天、辛島航、古川侑利、西口直人、福山博之、石橋良太<昇格>

▽捕手
太田光嶋基宏足立祐一、堀内謙伍

内野手
浅村栄斗藤田一也渡辺直人、銀次、山崎剛内田靖人、ウィーラー、渡邊佳明、村林一輝

外野手
辰己涼介オコエ瑠偉田中和基島内宏明、小郷裕哉、卓丸、ブラッシュ

 インフルエンザで離脱した小野郁投手、右目の不調を訴えていた今江年晶内野手はそれぞれ久米島残留となり、新加入の福井優也投手、浅村栄斗内野手、八百板から登録名を変更した卓丸外野手は一軍に残った。ルーキードラフト1位の辰己涼介外野手、2位の太田光捕手、4位の弓削隼人投手、6位の渡邊佳明内野手、7位の小郷裕哉外野手、8位の鈴木翔天投手といった大卒・社会人選手6人が、久米島での一軍キャンプを完走。金武町キャンプの切符を手に入れている。これは今年から本格的に指揮を執る平石洋介新監督にとって楽しみな存在になるだろう。

 金武町ベースボールスタジアムでのキャンプは昨年から本格的に行われるようになった。21日まで開催し、休日は15日のみ。16日、17日は千葉ロッテマリーンズと、20日、21日は北海道日本ハムファイターズと練習試合を行い実戦を見て、首脳陣はオープン戦メンバーを決定することになる。二軍はそのまま久米島に残留となるが、二軍には投手では塩見貴洋安樂智大ら、野手では岡島豪郎、山下斐紹、茂木栄五郎橋本到らが調整しており、今後、入れ替えがある可能性もゼロではない。特に茂木が開幕に間に合うかどうかはチームにとって鍵を握るだけに、オープン戦までには一軍で元気な姿を見たいところだ。

 今年の楽天のスローガンは『RESTART!日本一の東北へ』。今年は楽天球団にとって15年目となる節目の年。石井一久GM、平石新監督の新体制のもと、昨年最下位からの巻き返しを狙う。

文 / どら増田
写真 / 垪和さえ

浅村栄斗