ポール・スコールズ氏(44)のフットボールリーグ2(イングランド4部相当)に所属するオールダム・アスレティック監督就任が近付いてるようだ。イギリスデイリーメール』が伝えている。

昨年12月27日フランキー・バン前監督を解任したオールダムはマンチェスター・ユナイテッドレジェンドで、イングランド代表でも長らく活躍したスコールズ氏を監督として招へいしようとしていた。

ところが、同氏が2014年にユナイテッドの92年デビュー組であるライアン・ギグスギャリーフィルのネヴィル兄弟、ニッキーバットらとともにサルフォード・シティの株式をそれぞれ10%ずつ購入したことで、イングリッシュフットボールリーグ(EFL)の規定上、同時に複数クラブに関与することを認めないとして、監督就任が座礁していた。

しかし、今回『デイリーメール』が伝えるところによると、スコールズ氏とオールダムはその問題をクリアし、正式に監督就任に向けて準備を進めているという。

これにより、現在イギリス『BT』で務めている解説の仕事も辞することになる。

サムネイル画像