小沢一郎・玉木雄一郎

通常国会初日の1月28日夜、自由党国民民主党が統一会派を組んだこともあって、有楽町イトシア前で自由党小沢一郎代表と国民民主党玉木雄一郎代表が揃ってマイクを握った。

 

■統一会派は第一歩

小沢氏は演説で、次のように語った。

「今日のいろいろな格差。 もちろん都会と地域の格差もありますけれども、都会の中での所得格差、あるいは雇用身分の格差がどんどん広がっております。これでは、国民の皆さんの期待に応える民主主義政治ではない。

 

もちろん、そのためには,安倍・自民党内閣に替わるきちんとした受け皿がなければなりません。『安倍さんはイヤだ』『「安倍政治はダメだ』 と言っても、それに替わる受け皿がなくては国民の皆さんもまったく困ってしまいます。

 

今日から始まるこの2党の統一会派・共同作業は、これそのものが問題ではありません。これを1つのきっかけとして、私も玉木代表も、ずっと主張している全野党が結集して今の政治に替わる受け皿となるようにしなければならない」

つまり、「国民民主党との自由党との統一会派は第一ラウンド過ぎない」というわけだ。そして、たとえば、格差是正のためにも、野党による政権交代が必要だと訴えた。

 

■「議会制民主主義の危機」訴え

玉木代表は続けて、次のように訴えた。

「いろいろな思いを乗り越えて合意に至った一番の思いは、安倍政権に代わるもう一つの選択肢を国民の皆様に示したい。今、全国を回って言われることは二つです。

 

『安倍さんを何とかしてくれ』『野党はまとまってくれ』。同じことをコインの表と裏で言われているのだと思います。今、日本で大切なことがガラガラと音を立てて崩れている。

 

まず一つ目は、議会制民主主義が音を立てて崩れつつある。国会という場はいろいろな意見を持ち寄って、議論をしてより良い答えを見つけていくのが仕事ではないですか。

 

しかし安倍さんは聞いたことには答えない。聞いていないことをいっぱい話す。しかも議論の前提となる資料を出してくれと言ったら、改竄されていた。

 

まともなことがまともにできなくなっている。こんなおかしな国会を変えていかないと、長い間、先輩たちが育んできた議会制民主主義が壊れてしまう。野党は力を合わせて戦わなければならない。負けてはならないのです」

玉木代表も小沢氏にあわせて、野党の結集を訴えたのだった。

■橋下徹氏の番組に玉木代表、小沢代表が出演

橋下徹

この小沢・玉木連合に加勢してきたのが、橋下徹・前大阪市長だ。7日に放映された橋下氏がホストの番組に小沢一郎氏と玉木雄一郎氏をゲストとして呼んだのだ。

筆者は6日の自由党・会見に出席して、小沢代表に番組出演の感想と小沢一郎氏による「橋下徹論」について質問した。以下、小沢代表の応えだ。

「あの番組は橋下さんと玉木さんの二人がやるようだった。前日に番組サイドから『どうですか?』という話になって、橋下さんも玉木さんも『ぜひぜひ』ということだったので、眠かったけれど参加した。

 

中身は具体的な動きに及んだわけではない。三人で話して、『野党は結集して、しっかりせい』という結論になった。

 

橋下さんは政治家として一つの大きな能力を備えた人だと思う。彼自身が『まずは政権をとることが最優先だ』と言っているでしょう。その点は私も同じ。

 

あと、ポピュリズム、ポピュリストと馬鹿にするけれど、どうしても民主主義は選挙が前提になりますから、ポピュリズム的要素が入ってくるのは間違いない。

 

それに影響を受けて、国民も多く投票する。その要素を否定して民主主義はあり得ないんで、この二つをもって橋下さんには同感している」

橋下氏も自著の中で小沢代表を評価していて、「相思相愛の仲」といえるかもしれない。

 

■立憲も巻き込めるか

では、今後はどうなるのか。全国紙の野党担当記者が語る。

「橋下さんは独裁職を強める立憲民主党枝野幸男代表の主導では、野党再編が難しいと思っている。枝野氏が立憲の支持率が高いだけで満足してしまっていて、何かを仕掛けようという気概がない。そこで、橋下氏は野党第二党の国民民主党白羽の矢を立てているのです。

 

毎日新聞の最新の世論調査では、国民・自由が統一会派を組んだのに、国民の支持率は1%。ただ、小沢代表は、電話調査では拾えないネット民から支持が高いので、実際はもっと多く支援されているでしょう。

 

橋下さんはタレントに転身しましたから、所属事務所との契約の都合上、街頭演説に立ったりはできない。しかし、応援団として、自身の番組やTwitterで支援していけば、両党の支持率は確実にあがるでしょう。

 

そして、支持率が上がったならば、立憲も無視できずに、国民との対話・連携に舵を切るでしょう。小沢・玉木・橋下の三連合が野党再編のキッカケになるでしょう」

・合わせて読みたい→橋下徹前大阪市長と小沢一郎自由党代表が密談 「安倍一強打破」のために連携か?

(文/しらべぇ編集部・及川健二

小沢一郎・玉木雄一郎両代表が合同演説 橋下徹氏も巻き込む野党再編はなるのか