「“人生の決断”を代わりにしてくれる人物」を募集している女性がいる。

職探しサイトBark.comに、謝礼2000ポンド(約28万円)で広告を出しているこの匿名女性は、あまりにもひどい1年を送ったため、ネットフリックスのインタラクティブ映画「ブラックミラーバンダースナッチ」のように、別の人に自分の行動を決めて欲しいと思うようになったという。

その募集広告にはこう書かれている。

「ちょっと変な募集だということは分かっているけど、私の代わりに決断を下してくれる人が必要な気がするの」
「あまりにもひどい1年だったから、私の人生を誰か別の人にコントロールして欲しい。現実世界での『バンダースナッチ』のように」
「そんなことが存在するのか分からないけど、とりあえず試してみることにした」
「おわかりの通り、私は自分のために良い選択をする能力が全くないみたい」
「うちのお母さんには冗談にされるほど、毎週のように何かちょっとした悪いことがあって、もうこりごりなの」
「だから私が必要な時にいつでも相談できる人が欲しいの」
「私は携帯メールをたくさんするタイプだから、そのメール頻繁に迅速に返信してくれる人」

この女性は、昨年受け取ったという遺産の中から、この2000ポンドの謝礼を用意しているそうだ。