新作アニメーション映画『ニノ国』の製作発表が2019年2月9日(土)に行われた。今回の製作発表では、原案・脚本を担当するのが『妖怪ウォッチ』『イナズマイレブン』などを手掛けた会社「レベルファイブ」の代表取締役社長 CEOの日野晃博アニメーション監督がスタジオノックスタジオジブリ作品で活躍する百瀬義行、音楽がスタジオジブリ作品や北野武作品などで数々の名曲を生み出してきた久石譲であることが明らかに。また、主人公”ユウ”の声を『氷菓』『斉木楠雄のΨ難』など、多数のアニメマンガ・小説原作実写作品で主役を演じてきた俳優の山﨑賢人が務めることも発表された。

(左から)監督の百瀬義行、原案・脚本担当の日野晃博主人公を演じる山﨑賢人、ワーナー・ブラザース ジャパン/エグゼクティブプロデューサー小岩井宏悦

 そもそも『ニノ国』は2010年よりレベルファイブが展開しているゲームから始まったプロジェクト。日本だけでなく、世界にプレイヤーがいるという人気作だ。今回の映画について日野は、「プロジェクト発足時から映画にもできる作品」と映画化を意識し続けていたことをコメント。併せて「商業的な理由を抜きにしてもいい作品」と『二ノ国』への想いも露わにした。一方でゲームと映画の関連については、コンセプトとしてはつながっているものの、ストーリーは異なると言葉にする。特にゲーム二ノ国シリーズが海外にもファンが多いことから、映画では日本の文化を伝えるという面を意識しており、現代の日本を舞台としていることなどについても明らかにした。

 ゲームに引き続き、映画でも監督を務める百瀬は「ゲームとは違ったものになっている。ハイファンタジーとかローファンタジーとかそういう枠に捉われない面白さがある」とコメント。一方で「なじみのある作品ではあるので面白く作れた」と自信をのぞかせた。

 発表会で主人公役を務めることが発表された山﨑は、声優挑戦が初めてということもあり、「まさか声のお仕事がいただけるとは思っていなかった。声優という仕事を尊敬していて挑戦してみたい気持ちもあった」と言葉にする。また、脚本を読んだときの感想として「鳥肌が立った」と何度も繰り返した。なお、山﨑の起用理由について、ワーナー・ブラザース ジャパン/エグゼクティブプロデューサー小岩井宏悦は、「演技力」を挙げる。演じる主人公のユウは、車イスで生活している、幼馴染の親友が自身も想いを寄せる女の子と恋人同士である、そのうえ、“二ノ国”という異世界へ行くことになるなど、さまざまな想いが交差するキャラクター。だからこそ、「演技の幅が広い役者じゃないといけないといけない」と考え「(山﨑は)演技力でいうと若手No.1。演じ切ってくれるだろうと思った」と熱望したことも明かした。なお、ほかの主要キャラクターキャストについては、ほぼ決定しているが、オーディションなども行いつつ決めていることについて触れる。クオリティがすべてと考え、慎重かつ大胆にキャストも選んでいるとのことだ。

 発表会ではアニメーション映画『ニノ国』を製作していくうえで、久石から「『二ノ国』という題材に対して『一ノ国』と『二ノ国』が行き来するような展開にならないと面白くないのでは」という意見があったというエピソードを日野が明かしていた。直接の担当でなくても、クリエイター同士が意見を出し合ってよりよいものに仕上げている。それが本作のクオリティへの追求を物語っているようであった。

 発表会の最後には、LINE LIVEコラボレーションして声優オーディションを開催することも発表。本オーディションについては2月22日(金)からエントリーができるようになるとのこと。アニメーション映画『ニノ国』は2019年夏に全国公開予定。

アニメーション映画『ニノ国』概要
製作総指揮/原案・脚本日野晃博
監督:百瀬義行
音楽久石譲
主演:山﨑賢人
原作レベルファイブ
アニメーション制作オー・エル・エム
製作:映画「二ノ国製作委員会 配給ワーナー・ブラザース映画

 

(C)2019 映画「二ノ国製作委員会