ボルドー戦で決勝PKを決めるも負傷により前半だけで交代 12日のCLマンU戦出場は…

 フランスの強豪パリ・サンジェルマンPSG)に暗雲が立ち込めた。ブラジル代表FWネイマールが故障離脱中のなか、もう1人の得点源であるウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニも負傷し、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・ユナイテッドとの第1戦出場が懸念されている。英衛星放送「スカイスポーツ」などがトーマス・トゥヘル監督のコメントを報じている。

 PSGは現地時間9日のリーグ・アン第24節ボルドー戦を1-0で勝利。前半42分のカバーニのPKが決勝点となったが、その後に痛みを訴えたカバーニハーフタイムフランス代表FWキリアン・ムバッペと交代している。その状況について、トゥヘル監督は試合後にこう語った。

「良いニュースではない。おそらく主要な筋肉の問題ではないが、それに近いだろう。いずれにしても、私たちは待たなくてはならない。まだエディカバーニ)ともドクターとも話せてはいない。マンチェスター・ユナイテッド戦に向け、分からないとしか言いようがないんだ。もし彼が欠場となれば、大きな心配がある。シュートを決める、前線でキープするという点で、エディがいなければ大打撃だ。これは最悪の不運になり得る。私たちには“第2のカバーニ”も、“第2のネイマール”もいないのだから」

 指揮官の言葉はネガティブなものに溢れた。敵地で迎えるユナイテッドとの初戦は12日と時間がない。しかも、ユナイテッドはオレ・グンナー・スールシャール暫定監督が就任して以来、上り調子を維持している難しい相手で、しかもアウェーゲームとなる。

 毎シーズン、欧州制覇を最大の野望としてきているPSGだが、今季に関しては欠かせない前線2人の負傷という不安要素を抱えて決勝トーナメントの戦いをスタートすることになりそうだ。果たしてカバーニは、ユナイテッドとの初戦でピッチに立てるのだろうか。(Football ZONE web編集部)

ピッチに倒れこむFWカバーニ 【写真:AP】