事実上の観光などと批判され、休止されていた地方議員の公費の支出を伴う海外派遣が、復活の兆しをみせている。47都道府県議会のうち、海外派遣制度があったのは00年度は44都道府県議会で、11年度に24議会まで減ったが、17年度には再び32議会まで増えていた。相変わらず観光と批判される例も目立っている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

公費による海外派遣の有無