日本全国のみならず、世界中の至るところに存在するB級グルメ

その場所だからこそ安価に手に入る食材を使うからこそ、価格が安く手軽に味わえるB級グルメは、その場所だからこそ育まれたグルメであり、昔も今も地元の人々から圧倒的に愛されているのだ。

例えば、ドネルケバブカリー・ヴルストがないドイツなど考えられないし、サバサンドのないイスタンブールなど想像することができない。

もちろん台湾の魯肉飯(ルーローファン)胡椒餅(こしょうもち)麺線(めんせん)なども、一度味わうと忘れる事ができないほどの味わいだ。

そんな世界に星の数ほど存在するB級グルメの中で、今回ご紹介したいのが、台湾版ケンタッキーとも呼ばれているファーストフード店「頂呱呱炸雞店(T.K.K. Fried Chicken)」。

1974年創業の台湾最高のフライドチキンを提供するファーストフード
こちらのお店、1974年に台北の西門町でスタートしたファーストフード店。

日本においては、1970年代初頭にアメリカファーストフード店が次々と開店。

1970年に英国のウインピーやケンタッキーフライドチキンドムドムハンバーガー1971年マクドナルドミスタードーナツ1972年ロッテリアモスバーガーが出店を開始。

そんなアジアに広がりを見せるアメリカファーストフード店に呼応するように、頂呱呱炸雞店(T.K.K. Fried Chicken)も台北でお店をスタート

西門町といえば台湾の原宿とも言われており、流行のショッピングスポットやグルメ店が立ち並ぶエリア

そんなエリアに台湾を代表するフライドチキンのお店は生まれ、今なお多くの人々に美味しいフライドチキンを提供し続けているのだ。

・熱々出来立ての美味しいフライドチキン
様々なメニューがあるが、そのどれもで美味しいフライドチキンを味わえるため、お好きなメニューを味わってみて欲しい。

鶏もも肉のフライドチキンは、こちらのお店の独自のスパイスによって、非常に香ばしく美味しく仕上がっている。

ひとくち味わえば、スパイスの美味しさとジューシーな鶏もも肉の味わいを堪能できる。

特筆したいのが、呱呱包という名前のメニュー

もちごめ、豚肉、しいたけを鶏の喉の肉で包んで油で揚げた呱呱包は、台湾のちまきのような味わい。

こちらのメニューはこちらのお店でしか味わうことができない味わいで、多くの台湾の人々にも人気のメニューとのこと。ただし、非常に熱いので気をつけて味わっておきたい。

フライドポテトさつまいも!?
さらに特筆したいメニューが、こちらのお店のフライドポテトである地瓜薯條。

こちらのフライドポテトは、じゃがいもではなく、さつまいも

黄金色の台湾産のさつまいもは、優しい甘さと塩味のバランスも最高。

このメニューもこちらのお店でしか味わうことができない味わいで、多くの台湾の人々にも人気のメニューとのこと。

もし台湾を旅行するのであれば、台湾で生まれ育った、独自メニューを味わえるローカルファーストフードチェーンを覗いてみてはいかがだろうか?

そこにはきっと、台湾だからこそ味わえる、そんな味わいが溢れているに違いないのだ。

そして、そんな台湾ならではの味わいを堪能したのなら、これまで以上に台湾のことが好きになるに違いないのだ。

お店 頂呱呱炸雞店(T.K.K. Fried Chicken)
お店のホームページ https://www.tkkinc.com.tw/

【世界のB級グルメ】台湾が誇る台湾最高のフライドチキンとは? / 台湾版ケンタッキーとも呼ばれる「頂呱呱炸雞店(T.K.K. Fried Chicken)」