フルハム戦、鋭いドリブルから相手2人のプレッシャーをかいくぐってゴール

 マンチェスター・ユナイテッドフランス代表FWアンソニー・マルシアルは、9日に行われたリーグ第26節フルハム戦でドリブルから独走ゴールを奪い、かつてユナイテッドに所属したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントス)の姿を彷彿とさせるプレーだと注目されている。オレ・グンナー・スールシャール暫定監督も「彼には才能がある」と称賛し、ロナウド級のポテンシャルに太鼓判を押した。

 マルシアルがとびきりの輝きを放ったのは、フルハム戦の前半23分だった。左サイドハーフウェーライン付近でパスを受けると、そこから一気に加速。背後からのプレッシャーをもろともせずにドリブルで持ち込み、前に立ちふさがろうとしたDFもスピードで振り切った。GKとの1対1でもシュートゴール右へ確実に沈め、単独突破からチーム2点目のゴールを挙げた。

 このプレーが注目を浴びたのは、かつてチームエースだったポルトガル代表FWロナウドが同じくフルハム相手に、クレイブン・コテージ(フルハムの本拠地)で圧巻のソロゴールを決めていたからに他ならない。

 そのゴールが生まれたのは2007年2月24日。左サイドからスピードに乗ってドリブルで持ち込んだロナウドは1人であっという間にペナルティーエリア内に侵入すると、最後はDF2人のプレッシャーをかいくぐり、迷わずに右足を一閃。シュートはGKの手をかすめてゴール右隅へ決まった。

 英紙「ロンドン・イブニングスタンダード」が「アントニー・マルシアルが“フレンチ・ロナウド”の名を与えられる」という見出しで23歳の活躍を報じれば、スールシャール暫定監督も英衛星放送局「スカイスポーツ」のインタビューロナウド級のスーパーゴールを見せたマルシアルのタレント性を称えている。

マンU監督が指摘 「もし彼がロナウドレベルに到達したいというのであれば…」

「もちろん、彼には(ロナウドと)似ている部分がある。もし彼がロナウドレベルに到達したいというのであれば、何をすべきか知る必要がある。全ては彼次第だ。だけど、彼にはその才能があるよ」(スールシャール暫定監督)

 ロナウド2003年から09年までユナイテッドプレーし、栄光の背番号7を背負い不動のエースとして君臨した。退団から10年が経ち、マルシアルという才能がロナウドの後継者足りうる存在として台頭してきたようだ。

 マルシアルは2015年に当時10代選手の史上最高額となる最大5800万ポンド(約82億円/成果報酬込み)の移籍金でモナコからユナイテッドに加入した。一時は移籍の噂が再三報じられたが、今季は公式戦27試合11得点の活躍を見せて再び脚光を浴びている。(Football ZONE web編集部)

マンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシアル【写真:Getty Images】