中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は10日、第32回アフリカ連合(AU)首脳会議(アディスアベバ)の開催を受けて祝電を送った。新華社が伝えた。
習主席は「AUはアフリカの共同前進の旗印だ。昨年以降、AUが先導する形でアフリカ統合のプロセスは重要な進展を得た。アフリカ諸国は重要な国際・地域問題で一致した声を発し続けており、アフリカの国際的影響力は高まり続けている。私はこのことに熱烈な祝意を表し、AUがアフリカ諸国を団結させ、先導して、新たな、さらに大きな成果を得続けることを心から祈る」と表明。
「昨年9月の中国アフリカ協力フォーラム北京サミットは多大な成功を収めた。私とアフリカ諸国及びAUの指導者は力を合わせて成果を挙げ、中国アフリカ関係発展のビジョンを描いた。中国側はアフリカ側と連携して努力し、中国アフリカ協力フォーラム北京サミットの成果の実行を契機に、『一帯一路』共同建設とAU『アジェンダ2063』、国連の持続可能な開発のための2030アジェンダとアフリカ各国の発展戦略の深い連携を後押しし、一層緊密な中国アフリカ運命共同体を手を携えて構築し、人類運命共同体構築のために一層の貢献をしたい」と強調した。(提供/人民網日本語版・編集/NA)

中国の習近平国家主席は10日、第32回アフリカ連合(AU)首脳会議(アディスアベバ)の開催を受けて祝電を送った。資料写真。