百田尚樹の小説を原作とした映画「フォルトゥナの瞳」で、神木隆之介有村架純が共演。ドラマ「11人もいる!」(2011年テレビ朝日系)、映画「3月のライオン」(2017年)など、これまで何度も現場を共にしてきただけに信頼関係は抜群。そんな二人に映画の見どころや現場の裏話、そして信頼し合っているからこそ見えてきた互いの印象について聞いた。

【写真を見る】筋トレで鍛えた肉体美を披露!

――神木さんが演じられた木山慎一郎は、幼いころに飛行機事故で家族を亡くし、それ以来、友人も恋人も作らず、仕事のみに生きてきた男性です。そんな彼が「死を目前にした人間が透けて見える能力」=フォルトゥナの瞳を持っていることに気付くところから物語が始まりますが、脚本を読んでの感想は?

神木「慎一郎がフォルトゥナの瞳を持っているということで、確かにSF的な要素があるのですが、僕が最初に脚本を読んだときには、純粋にラブストーリーだと思いました。

ただ、慎一郎を演じる上では、彼は家族を飛行機事故で亡くしていて、自分だけなぜ生き残ったのかを自問自答しながら生きてきたのだろうなと。その忍耐強さはすごいと思いましたし、彼が自動車の整備工場で車についた小さな傷を黙々と消しているのは、慎一郎の人生にも重なるのかなと思いました」

――有村さんはそんな慎一郎と出会い、恋に落ちる葵という女性を演じられました。葵が社会を遮断して生きていた慎一郎の心を動かした理由はどこにあると思いますか?

有村「多分、葵は男性から見たら理想の女性像なんだと思います。服装もそうですし、人への対応もそうですけど、自分の身近にこういう女性がいてくれたらなと思うのかなと。なので、できるだけ笑顔で演じようと思い、それに徹していたところはありますね。

それに葵は何があろうとも前向きでポジティブに生きようとしている女性だと思ったので、そういう意味でも笑顔というのは大きなアプローチポイントだったと思います」

――お二人が本格的に共演されたのは、ドラマ「11人もいる!」からですよね?

神木「その前に『SPECシリーズ(2010年ほかTBS系)もあるのですが、そのときはすれ違ったぐらいで。なので、打ち上げで初めてお話したぐらいでした」

有村「撮影でも同じシーンはありましたよ(笑)

神木「でも、本格的にご一緒させていただいたのは『11人もいる!』で、そのときは僕が兄で、架純さんが妹でした。その後の『3月のライオン』では、僕が弟で、架純さんが血の繋がらない姉という設定で」

有村「神木君のことは17、18歳のころから知っていて、これまで家族という役柄がずっと続いていたんですけど、ここにきて恋人役という(笑)

■ まさか自分が相手役になるとは思っていなかった(有村)

――それはやりやすいものなんですか? それともやりづらい?

有村「私、『3月のライオン』の取材のときに、次は神木君のラブストーリーが見てみたいと答えているんです。言霊じゃないですけど、それが実現して、まさか自分が相手役になるとは思っていなかったので驚きましたけど、光栄でした」

神木「はい。僕にとっては、この作品が初めてのラブストーリーで」

有村「神木君はこれだけキャリアがある方なのに、まだ初めてのことがあるのにびっくりしました。でも、その初めてのことに自分が関われるのは素直にうれしかったですし、これまで家族を演じていたからこそ、どういう空気感になるんだろうなとは思いました」

神木「そういえば、監督から『姉弟に見えるから、ちゃんとやって~!』と言われました(笑)。僕としてはちゃんとやっているつもりだったのですが、恋人的なキラキラ感が足りなかったのかなと。なので、必死でキラキラ感を出そうと頑張りました(笑)

――これまでの共演経験を含め、気心の知れているお二人だと思いますが、今回の撮影で一番笑ったエピソードを教えてください。

神木「架純さんは僕のことを息子ぐらいに思っていますよね(笑)?」

有村「え?」

神木「だって、『あなたは高校生ぐらいから本当に変わらないよね。それがあなたのいいところなんだけど』と言っていました。それを聞いて、母親もしくは親戚目線なのかと思いました(笑)

有村「私、そんなことを言った? 母親的な気持ちは全然なかったんだけど(笑)

神木「僕としては、これまで家族を演じてきていますし、せいぜい姉的なところで思っていたのですが、聖母マリア様のような慈悲深い目で見守っていただきました(笑)

――逆に有村さんから見て、神木さんの言動で印象に残ったことは?

有村「何かあったかな?(笑)

神木「架純さんは僕のことをあまり気にしていないです。僕がくだらないことばかり話しているから(笑)

有村「そう、神木君は常にくだらないことを言っているんですけど(笑)、それぐらい現場でフラットな状態でいられるのがすごいなと。例えば、シリアスな場面があっても、本番の直前まで笑っているのに、瞬時にスイッチを切り替えることができる。それは何回見ても、本当にすごいなと思います」

■ 鍛えた体を鏡で見てました(笑)(神木)

――今回の撮影において、お二人にとって挑戦だと思ったことはありましたか?

神木「僕は体を鍛えたことです。撮影に入る1カ月前ぐらいから鍛え始めたのですが、アクションをやるからとかではなく、慎一郎が車の整備工場で働いていて、衣装である作業着が薄くて体が見えるので鍛えてくださいと言われたのは初めてでした(笑)

――撮影中も鍛えられていたんですか?

神木「長期で地方ロケに行っていたので、ホテルの部屋で腕立て伏せとかはしていました」

――神木さんはきゃしゃな印象がありますが、鍛えた体を鏡で見たりとかは?

神木「当然、見ました(笑)。でも、撮影が終わって何もやらなくなったら、するすると筋肉が落ちていきました」

――有村さんは神木さんの肉体的な変化を感じていましたか?

有村「作業着を着て車の傷を修理しているシーンは、いつもとは違う姿だったので、すごくつなぎが似合っているなと思いました。役柄的にも今までに見たことのない神木君がそこにいて、多分、神木君のファンの方はまた違った一面が見られると思います」

――この映画では運命がテーマになっていますが、お二人がこれまでの経験で運命を感じられたことは?

神木「僕は直感でやってみたいと思ったことが、実際に起きることが結構あります。例えば、中学生のときに、なぜか分からないけれどキーボードを買いたいと思って。それで楽譜も買って、一生懸命に練習していたのですが、そうしたら次の年に『風のガーデン』(2008年フジテレビ系)のドラマピアノを弾くことになって。あと、今回の映画もそうですけど、久しぶりに全力で走りたいと思ったら、そういうシーンが出てきたりするのはわりとよくあります」

有村「私は『あの人、元気かな?』と思っていると、その人から連絡が来たりすることがあります。それがテレパシーなのかはわからないけれど(笑)、きっと思いがつながることはあるんだと思います」

――映画の公開日はバレンタインデーの翌日。そこでカップルになった人たちに初デートで、この映画を見てもらうのもいいのでは?

有村「初めてのデートで見るには、ちょっと重いかな(笑)。どちらかと言えば、長く付き合っているカップルに見てほしいですね」

神木「確かに“愛か死か”という究極の選択を迫られる物語ですから(笑)。でも、設定だけを見ると他人事のように思えますが、人生においては誰もが選択を迫られることがあると思いますし、この映画を通じて大切な人のことを思ったり、今後の自分の人生の選択について考えるきっかけにしていただければと思います」

有村「神木君が言う通り、この作品は究極の選択を迫られたときに『あなたならどうしますか?』という映画だと思います。なので、もしそういったことが起こったときに、自分ならどうするのかを想像しながら見てもらえるとうれしいですね」(ザテレビジョン・取材・文=馬場英美)

神木隆之介が初めて挑むラブストーリー、映画「フォルトゥナの瞳」が2月15日(金)公開