新宿、歌舞伎町――。キャバクラやホストクラブなど、水商売の店がひしめく日本一の歓楽街。

 その一角に、“水商売で働く人たち”をターゲットにした不動産屋「クレスタ」がある。現場を率いるのは、現役キャバ嬢としても活躍中の青木人生さん(@kuresta77)。

青木人生
青木人生さん
 全4回にわたってお届けしている青木さんロングインタビュー最終回は、水商売の中でももっとも“部屋を借りにくい”あの職種と、青木さんが抱く野望を語る!

水商売の中でも部屋を借りにくい職種は?

――水商売とひとくちに言っても、キャバ嬢から風俗嬢、ホストなどさまざまな職種があります。仕事によって借りやすい、借りにくいというのはありますか。

青木人生(青木):ホストの方も最近、すごくお客さまで増えているのですが、これがなかなか大変なんです。水商売可の物件でも、キャバ嬢さんはよくてホストさんはダメというケースはザラにありますし。

 管理会社の方に理由を聞いてみると、圧倒的に男性のほうが退去時に部屋を汚していることが多いらしいんですね。

――ああ、水商売じゃなくて普通の大学生とかでも、女子大生と男子大学生だったら男子のほうが汚くしそうですしね。お風呂場カビだらけでもまったく気にしないとか……。

青木:そうそう、そういうことです(笑)。ホストさんだとそれに加えてお酒も入りますからね。よく、若いコは何人かでシェアして暮らすこともあります。女のコだと特に問題ないんですけど、男のコは喧嘩になると普通に壁に穴とかがあくんですよ。

 修繕費用はお客さまの負担になるので問題はないんですけど、修繕にかかる期間がネックになって。その間は貸すことができないじゃないですか。その点、女のコは比較的キレイに使ってくれるので出ていったらすぐ次に貸せる。そういう問題がやっぱりあるんです。

固定電話の有無は実は意外と大事

黒電話
※画像はイメージです(以下同じ)
――他に、水商売の中で借りにくい仕事は……。

青木:スカウトさんですね。スカウトさんは個人で活動していますから、固定電話を持っていないことが多いんですよ。でもそうなると途端に借りにくくなる。ホストさんでもキャバ嬢さんでも風俗嬢さんでも、所属している店があればそこに在籍確認ができるじゃないですか。

 だけど、固定電話のないスカウトさんだとそれができない。そうなると、管理会社や保証会社にとっては正体不明、ホントにそこで働いているのか、何をしている人なのかがわからなくなる。確かに簡単には貸せなくなりますよね。

――なるほど固定電話の有無は実は意外と大事なんですか。今の時代、携帯だけでも充分生活できるんですけどね。

青木:そうなんですけどね。だからスカウトさんも会社があるなら固定電話を置いてくれればいいのにと思うんですけど、なかなかそうもいかない。

 水商売のピラミッドの中で、こと不動産に関して言えばスカウトさんは一番下です。若くしてたくさん稼いでいる方もいるので、収入に見合ったところに住みたいと思っても、なかなか難しいのが現実なんです。

偏見でまともに部屋も借りられない人たち

部屋

――青木さんはこうした部分も変えていきたいという思いがあるわけですよね。

青木:はい、水商売をひとつの仕事としてちゃんと世間に認めてほしいと思っています。いまだにお客さんから心無いことを言われたという女のコはいっぱいいます。「こんな仕事して何やってんだ」みたいなことをいう客がいたとか。なら二度とくるなって思いますけどね(笑)

 そういうことも多くて我慢しているコもたくさんいるので。部屋を借りるひとつとっても大変だというのもそうです。だけど、ほとんどのコが一生懸命マジメに働いているんです。

――そんな人たちが、偏見によってまともに部屋も借りられないのはおかしいですよね。

青木:クレスタに面接に来る20代の人とか見ていても、1年おきに仕事を何度も変えているケースがけっこうあります。だけど水商売のコたちって意外と店を変えることはないんです。それに店を変えてもずっと同じ仕事を続けているわけじゃないですか。

 18歳ではじめて25歳なら、勤続8年ですよ。そこを見てほしいですよね。なにごとも長く続けることが一番大変だと思うので、水商売をずっと続けていることをちゃんと評価してもらいたい。

全国の困っているコたちの力になりたい

青木人生
青木さん、ツイッターなどで情報発信中
――経験豊富な水商売の方って、20代でもそこらへんの会社員と比べてぜんぜん遜色ないといいますか、むしろはるかにちゃんとしていることが多いイメージもあります。

青木:ホントにそう思いますよ。夜の仕事がちゃんとできたら、他のことは何でもできる。自分の話になっちゃいますけど、いまだに他の不動産屋さんから誘われますから。「うちにきてよ」って。

 水商売を長くやっていたコって、交渉の場とかで、何気ないところがすごく上手らしいんです。まあ、私はクレスタに骨を埋めると決めているので他の会社に行くことはないですが(笑)

――その骨を埋めるクレスタで、これからの青木さんの野望というのはありますか?

青木:う~ん、特に野望がないタイプなんですよ……結婚したいくらいで(笑)。でも、クレスタがこうやって少しでもメディアに出ていって有名になれば、社会の認識が変わってくるんじゃないかなとも思っています。

 そして東京以外にも支店を出していきたいですね。すすきのとか中洲とか新地とか、それこそ繁華街は日本中にあって、全国に困っている水商売のコがいっぱいいる。「地方には出さないんですか?」と聞かれることも最近増えてきました。

 だから、もっと頑張ってできるだけ早く地方進出をして、全国の困っているコたちの力になりたい。そう思っていますね。

<取材・文/鼠入昌史 撮影/渡辺秀之>