TOKYO MX地上波9ch)のワイドショー生番組「バラいろダンディ」(毎週月~金曜21:00~)。1月24日(木)放送の「無病息災!バラいろ健康学会」のコーナーでは、産婦人科医の丸田佳奈先生が“正しい飲酒量”について解説しました。

過度の飲酒は、次のような一時的健康被害を及ぼす可能性があります。


また、飲酒をすること自体、以下の二次的健康被害、事故のリスクも高まります。


丸田先生によると、日本人の1日のアルコール基準量は、アルコールでおよそ20g。お酒の種類別では、

ビール 中瓶1本
日本酒 1合弱
ワイン 2杯弱
ウイスキーやブランデー ダブル1杯
・焼酎 2/5合


ほどの分量となっています。

しかし、最近ではこのアルコール基準量でも多過ぎるのではないか、との声も挙がっているようです。というのも、海外のアルコール基準量は、

イギリス 8g
オーストラリア 10g
ニュージーランド 10g
デンマーク 12g
アメリカ 14g


となっており、日本よりもかなり少ない量であることがわかります。そのため、日本でも純アルコール量 約10gが適切ではないか、との案が出ているそうです。


丸田先生は、「お酒は少量なら健康というわけではなく、(飲酒量が)少なければ少ないほど良いというデータも出てきています」と話します。もちろん、適量の飲酒であればメリットとなる点もありますが、「トータルで考えると圧倒的にデメリットのほうが大きい」と言います。

そして今回は、クイズ形式でお酒と上手に付き合う方法を紹介しました。以下の問題に〇か×かで答え、飲酒に関する知識が正しいかどうか確かめてみましょう。

【問題】
第1問:顔が赤くなる人はお酒に弱い
第2問:男性は女性よりもお酒に強い
第3問:寝るとお酒の分解が早く進む
第4問:チャンポンすると二日酔いになりやすい
第5問:休肝日は肝臓を休める効果がある


【答え】
第1問:顔が赤くなる人はお酒に弱い
答えは○。生まれつきアルコール分解機能が遅い人、または機能しない人は、顔が赤くなる“フラッシング反応”が起こります。日本人のおよそ4~5割が該当すると言われています。

第2問:男性は女性よりもお酒に強い
答えは○。女性と比べて肝臓の大きい男性はアルコールの分解が早いためです。また、同性でも体格の大きい人のほうが、アルコールの分解が早いようです。

第3問:寝るとお酒の分解が早く進む
答えは×。睡眠中は、肝臓の機能も低下するため、アルコールの分解速度は起きているときの半分ほどになります。

第4問:チャンポンすると二日酔いになりやすい
答えは×。チャンポンで何種類のお酒を飲もうと、適量なら二日酔いにはなりません。

第5問:休肝日は肝臓を休める効果がある
答えは×。休肝日という考え方があるのは日本のみだそうで、むしろ重要なのは摂取するアルコールの総量とされています。

丸田先生は「そもそも“休肝日”という考え方自体、飲むこと前提なんです」と指摘。お酒をたくさん飲む人は、飲まない日を設けたほうがトータルの量は少なくて済むと考えがちですが、問題なのは“1週間のトータルの飲酒量”とのこと。すなわち、「基準量を守っていれば(休肝日を設けず)毎日飲んでも構わない」と丸田先生は解説しました。


木曜コーナーの「無病息災!バラいろ健康学会」は、次回2019年1月31日(木)に放送予定です。ぜひご覧ください。

※この番組の記事一覧を見る

<番組概要>
番組名:バラいろダンディ
放送日時:毎週月~金曜 21:00~21:54
メインMC:蝶野正洋(月~木曜)、島田洋七(金曜)
アシスタントMC:阿部優貴子(月~木曜)、関谷亜矢子(金曜)
月曜コメンテーター:倉田真由美、勝間和代武井壮苫米地英人(隔週)
火曜コメンテーター:玉袋筋太郎、内山信二、安東弘樹
水曜コメンテーター:湯山玲子、室井佑月、遠野なぎこ、大竹まこと(月1)
木曜コメンテーター:梅沢富美男、ナジャ・グランディーバ、ダイアナ・エクストラバガンザ
金曜コメンテーター水道橋博士金村義明ライムスター宇多丸前園真聖(隔週)、デーブスペクター(隔週)
バーディ:木下彩音(月曜/1月)、立花胡桃(火曜)、梅宮アンナ(水曜)、橋本マナミ(木曜)、井上咲楽(金曜)
番組Webサイトhttp://s.mxtv.jp/barairo/

“休肝日”は必要ない!? 医師が教える「節度ある飲酒量」とは