ディズニーランド

老若男女に愛される夢の国ディズニーランド」。しかし、中にはトラウマを抱えるほど嫌悪感を抱いている人もいるようだ。

Yahoo!知恵袋』に投稿されたとあるトピックが話題になっている。

 

■付き合っていた彼氏が…

ディズニーランドトラウマです」と明かし、過去の恋愛について語った投稿者の女性。半年前、彼氏だと思っていた男性にじつは本命の女性がいることがわかり、さらにディズニーランドへ旅行していたことが発覚してしまう。

その後、男性と女性は別れ、投稿者も別れるつもりだったのだが別れられず、「とりあえず1番の座にいます」とのこと。色々ありつつも良い結末を迎えたようだが、半年経った今でもディズニーのCMを見ただけでフラッシュバックして涙が出るという。

投稿者は「いつかまたディズニー行ける日が来るのかな」と悩みを訴えた。

 

■「頑張って」と応援の声

現在は「1位の座」にいるが、それでも投稿者にとってつらい思い出にはかわりがない。ディズニーランドに行ったら「倒れてしまいそう」というほど、恐怖でいっぱいのようだ。しかし、気持ちのどこかではディズニーランドに行きたいと感じている。

投稿を受け、ユーザーからは共感や励ましの声が寄せられた。

ディズニーランドではないけれど、似たような経験があります。行ってみたいけど避けてました。でもやっぱり行きたい場所なので、いつか行きます。ちょっと場所をずらし(笑)

 

「これを乗り越えれば、あなた様は辛いことも決してクヨクヨせず、前だけを向いて生きていけるはずです。ディズニーにお友達とご一緒して行かれてみては。頑張ってください!」

 

■二股以上の経験者は…

そもそも、投稿者がディズニーランドが怖くなった理由は彼氏の二股によるものだ。しらべぇ編集部が全国20〜60代の交際経験がある男女822名を対象に「同時に付き合ったことがある異性の数」について調査したところ、もっとも多いのが「1人」だが、4割が「2人以上」と回答している。

二股

心のどこかではディズニーランドに行きたい投稿者。つらい思い出を乗り越え、いつの日か夢の国を楽しんでもらいたいが…。

・合わせて読みたい→夢の国なのに…「ディズニーランド」で彼女を嫌いになった理由

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年2月9日2018年2月13日
対象:全国20代~60代の交際経験のある男女822名 (有効回答数)

「ディズニーランドがトラウマ」と恐怖抱く女性 まさかの理由に同情の声が相次ぐ