開催中(2019年3月31日まで)の「JR東日本×シンカリオン スタンプラリー ~超進化研究所大宮支部編~」。開催初日に最速コンプリートに挑戦してみたときのレポートは読んでいただけただろうか。アニメディア編集部は約14時間30分かけて、全24駅のスタンプコンプリートすることに成功した。

 スタンプの絵柄として登場するのは、速杉ハヤト男鹿アキタ大門山ツラヌキといった運転士たちが10人、「シンカリオン E5はやぶさ」「シンカリオン E6こまち」「シンカリオン E7かがやき」などのシンカリオンが13体、これらに車掌ロボット・シャショットを加えた計24種類だ。これらのスタンプは、配布されているスタンプ帳の「記念用スタンプ欄」と「応募用スタンプ欄」に押すことができる。

「記念用スタンプ欄」の各枠にはキャラクター名やシンカリオンの名称が書かれているので、あらかじめスタンプを押す位置は決まっている。一方で「応募用スタンプ欄」の各枠には1,2,3……と番号が振ってあり、自分が回った順番にひとつずつ押していけば、いくつ集めたのかが一目瞭然だ。

 ただ、「応募用スタンプ欄」に回った順番どおりに押していくだけでは何かものたりないと感じてしまったコアなファンの方もきっといるはずだ。かく言うアニメディア編集部員も同じような感想を抱いた。せっかく“好きキャラ”“推しシンカリオン”のスタンプがたくさんあるのだから、回った順番にとらわれず、何か面白い押し方はないものだろうか……。

 ということで、アニメディア編集部が考えたのは、各枠に番号が振ってある「応募用スタンプ欄」の特徴を活かして、ある法則性をもとにキャラクターシンカリオンスタンプの押す位置を決めてみる、というもの。今回は、その一例を紹介しよう。「応募用スタンプ欄」完成に至るまでの2つの画像をヒントとして紹介するので、どんな法則性でスタンプを配置したのか、推理してみてほしい。

 なお、まだスタンプラリーを体験しておらず、スタンプの絵柄を知りたくない方は「ネタバレ」に注意しよう。次のページスタンプラリーを体験したあとに見ることを推奨する。