ベルリン 11日 ロイター] - ドイツ2018年対米貿易黒字試算額は約490億ユーロ(553億7000万ドル)と、前年から減少したものの依然として高水準を維持している。ロイターが11日、データを入手した。

ドイツ連邦統計庁の試算によると、2018年の対米輸出は1.5%増の1135億ユーロと過去最高。対米輸入は4%増の646億ユーロ

同試算では、対米黒字額が17年に比べ、約10億ユーロ減少したことになるが、各国に対する黒字の中では対米黒字額が最も大きく、18年の全体の貿易黒字額(約2280億ユーロ)の5分の1以上を占めている。

2018年の対中輸出は約8%増の930億ユーロ、対中輸入は約4%増の1060億ユーロだった。