[11日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>が投資ファンドビジョンファンド」を通じ、自動運転技術を開発する米新興企業のニューロに9億4000万ドル(約1040億円)を出資したことが分かった。

ニューロは米スーパーマーケット大手クローガー<KR.N>と提携して自動運転車を使った食料品の配達サービスを提供している。同社は調達資金を活用して配達サービスエリアや提携先などを拡大するとした。

ソフトバンクニューロを27億ドル相当と評価している。

 2月11日、ソフトバンクグループが投資ファンド「ビジョン・ファンド」を通じ、自動運転技術を開発する米新興企業のニューロに9億4000万ドルを出資したことが分かった。写真はニューロの自動運転配送車。アリゾナ州スコッツデールで昨年8月撮影。提供写真(2019年 ロイター)