[ドバイ 11日 ロイター] - イランでは11日、1979年イスラム革命から40周年を迎え、各地で行進や式典が行われた。記念行進では弾道ミサイルを始め革命防衛隊の装備品が公開され、参加者らは雨天の中、国旗を掲げ「イスラエルに死を」「米国に死を」と叫ぶなど国威発揚の場となった。

ロウハニ大統領は首都テヘランのアザディ広場で演説し、イランは諸外国からの圧力に屈せず軍備拡張を推進すると明言。「わが国は種々のミサイルを開発するに当たり許可など求めたことはないし、これからも求めるつもりはない。わが国はわが国の道を歩み続ける」と語った。

ただトランプ米政権がイランへの制裁を再開する中で、イラン経済は物価高が進むなど悪化の一途をたどっており、国民の不満は募るばかりだ。前月にはロウハニ氏自身が「イランは過去40年来で最悪の経済危機に瀕している」と認めている。

ザリフ外相はツイッターに、革命40周年が絶対に訪れないよう一部の米国人は願ったが「本物のイラン国民は絶対的命令に決して屈しないことを米国は思い知るべきだ」と投稿した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

 2月11日、イランでは1979年のイスラム革命から40周年を迎え、各地で行進や式典が行われた。写真は式典で演説するロウハニ大統領(2019年 ロイター/TASNIM NEWS AGENCY)