おやつに良し、おつまみに良しの「チーズ入りかまぼこ」。改めて考えてみると、魚を使った和の食材・かまぼこに、乳製品の洋の食材・チーズを組み合わせた変わった食べ物です。一体どうしてこんな製品、思い付いたんです?

【4コマのつづき】

●解説

 食品メーカー・丸善によると、チーズ入りかまぼこの元祖は同社の「チーかま」。これを考案したある研究員は、「ドイツには中にチーズが入ったソーセージがある」という資料から着想を得たそうです。

 魚とチーズを使っていることから高タンパクで、最初に導入されたのは学校給食だったとか。おつまみとして食べられるようになったのは、その後、一般販売されてからだといいます。

●主要参考文献

・チーかま誕生物語(丸善)

4コママンガ