株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、株式会社アカツキライブエンターテインメント(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:香田哲朗/代表取締役CPO:小林肇)と横浜駅東口に2019年春開業の複合型体験エンターテインメント施設ビル・アソビル(神奈川県横浜市西区高島2丁目14-9)2階「ALE-BOX(エールボックス)」内に、「うんこミュージアム YOKOHAMA(よこはま)」を2019年3月15日(金)から期間限定で開業することをお知らせいたします。

うんこ」が紡ぐ、世界初(のはず)の新感覚アミューズメント空間
今回期間限定でオープンする「うんこミュージアム YOKOHAMA(よこはま)」は、巨大オブジェからうんこが飛び出す「うんこ広場」/可愛くてキラキラしたうんこが並ぶ「ウンスタジェニックエリア」/うんこの歴史や世界のうんこ事情を知ることができる「ウンテリジェンスエリア」/うんこゲームが楽しめる「ウンタラクティブエリア」の4つの空間で構成されています。世界には、イギリスうんこ博物館が存在し、韓国にはトイレ博物館の中にうんこのオブジェや展示スペースがあったりします。日本国内でも食育やトイレをきっかけにうんこに関するイベントがあったりもしましたが、国籍や年齢関係なく、新しいアミューズメント感覚で体験できるうんこ施設は世界で初めて(のはず)です。

本日2月12日(火)からウェブサイトにて事前予約開始!オープンから3日間は、ウン試し特典付
本日2月12日(火)より、アソビル2階「ALE-BOX(エールボックス)」公式HPにて、2月16日(土)よりe+(イープラス)にてそれぞれ事前予約チケットの販売を開始いたします。尚、3月15日(金)~17日(日)のオープン初日から3日間にご来場いただいた方全員に、ウン試し特典として会場でオリジナルグッズプレゼントさせていただきます。是非ともお早めにご予約ください。
また施設の詳細は、今後、うんこミュージアム YOKOHAMA公式twitter(@unko_museum2019)にて随時発表させていただきますので、こちらもお見逃しなく。

ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)とFrascoのタッグによるうんこミュージアムYOKOHAMAオリジナル楽曲
うんこミュージアムYOKOHAMA内でしか聴けないオリジナル楽曲を、完全書き下ろしにて制作いたしました。テーマソングトラック制作は水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミが、ボーカルはFrascoの峰らるが担当しています。うんこミュージアムYOKOHAMAでの体験を盛り上げる、ハウスベースとしたポップミュージックに仕上がっております。ぜひミュージアムにてお聴きください。

カヤックが「うんこ」にかける想いと本企画背景
カヤックでは、予てから「うんこ」に着目し、コミュニケーションの一部に絵文字で活用されたり、人を楽しませるための様々な関連グッズが存在したりと、時代を超えてその普遍的な価値を持つ「うんこ」と、「うんこ」という物体を通して起こるコミュニケーションの影響力に大きなポテンシャルを感じていました。2017年ヒットとなった書籍『うんこ漢字ドリル』からさかのぼること6年前の2011年うんこ演算を開発以降、2018年のUN高やうんこ名言botに、うんこ名言カレンダーの発売など、「うんこ」に関するリーディンカンパニーであるという確固たる自負があります。
そこで、日本のみならず世界中での「うんこ」の存在価値を再定義し、「うんこ」を中心に、異国の文化に触れたり、年齢や人種を越えたコミュニティを創ることはできないか?という発想から、このプロジェクトスタートしました。

うんこミュージアム YOKOHAMA(よこはま)施設概要
正式名称:うんこミュージアム YOKOHAMA(うんこミュージアム よこはま)
住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9 アソビル2F ALE-BOX内
オープン日:2019年3月15日(金)~7月15日(月)
営業時間:平日(月~木)11:00~20:00 ※最終入場受付 19:30
     金土日・祝前日・祝日 10:00~21:00 ※最終入場受付 20:30
定休日:不定休
展示内容:うんこ広場/ウンスタジェニックエリア/ウンテリジェンスエリア/ウンタラクティブエリア
入場方法:事前予約によるチケット制(※空き状況次第では当日券もあり)
入場時間:金土日・祝前日・祝日のみ下記時間で入場指定(入れ替え制ではありません)
     1.10:00~14:00  2.14:00~17:00  3.17:00~20:30
入場料金:大人(中学生以上) ¥1,600(税込)/子供(小学生)¥900(税込)小学生未満無料
施設面積:612.2平方メートル185.2坪)
URLhttps://ale-box.com/unkomuseum/
Twitterhttps://twitter.com/unko_museum2019/(@unko_museum2019)
運営会社:株式会社アカツキライブエンターテインメント株式会社カヤック

うんこミュージアム YOKOHAMA(よこはま)フロアイメージ
【1.うんこ広場(ボルケーノ)】 巨大うんこオブジェから定期的にうんこが噴火! 飛び出たうんこが詰まった便器型プールで遊ぼう! うんこ型のテーブルと椅子が並ぶ休憩スペースで、 うんこと戯れるお子さんや友人、恋人を眺めるのもよし。
【2.ウンタラクティブ エリア】 うんこを踏んで、触って、叫んで! あなたのアクションに反応するうんこと戯れよう!
【3.ウンスタジェニック エリア】 吊られるうんこ、輝くうんこ、飛び交う大小のうんこ。十人十色の無数のうんこと 「うんスタ映え」する写真を撮影しよう!
【4.ウンテリジェンス エリア】 うんこの歴史を学び、世界のうんこを知り、 著名人が描いた数々のうんこ絵画を鑑賞して、 あなたも今日からうんこ博士!

ASOBUILD(アソビル)施設概要
アソビルとは、「遊べる駅近ビル」をコンセプトとした横浜駅みなみ東口通路直通予定の複合型体験エンターテインメントビルです。
横浜中央郵便局別館をリノベーションする屋上、地上4階~地下1階建のビルに、フロアごとにテーマの異なる様々な体験を提供いたします。

正式名称:ASOBUILD(アソビル)
住所:神奈川県横浜市西区高島2丁目14−9
アクセス横浜駅みなみ東口通路直通、横浜駅東口より徒歩2分
オープン日:2019年3月15日(金)
営業時間:10:00~22:00 ※日によって変動あり
定休日:不定休
運営業態:体験型エンターテインメント施設/飲食店/事務所
地上4階、地下1階、屋上
施設面積:11,900平方メートル (約3,600坪)
URLhttps://asobuild.com/
運営会社:株式会社アカツキライブエンターテインメント

配信元企業:株式会社カヤック

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ