北見直美(画像は北見直美Instagramのスクリーンショット)

思春期を迎えるころ、家族とお風呂に入るのに抵抗を持ちはじめるものだ。親からしても、年頃の娘や息子との入浴を避けるようになるのも珍しくはないだろう。

11日深夜放送『中居くん決めて!』(TBS系)では、23歳の現役アイドル・北見直美が「今でも父兄と一緒にお風呂に入っている」ことを告白。それを止めるべきか悩みを吐露した。

 

■お風呂は「一家団らんの場」

北見は両親と3人の兄の6人家族。1人1時間は入浴するため時間短縮もかねて、幼い頃から家族で一緒に入ることが普通、現在までそれが続き「周囲に話すと驚かれてドン引きされる」と明かす。

自身は家族との入浴に抵抗はないとはいえ、兄や父との不適切な関係も怪しまれるなど周囲からの冷ややかな目線に耐えがたいのも事実。ただ、父との会話も弾むなど一家団らんの場でもあるため、「やめるか、続けるか」に悩んでいるという。

スタジオでは、壇蜜は「気合を入れれば入れる」と肯定的だったが、やはり「父と一緒には入れない」との女性側の意見が目立った。

 

■実際の入浴風景

26歳の三男と都内で2人暮らし中の北見は、そこでも2人で一緒に入ると告白。これに中居ら男性陣は「そっちのほうがヤバい」と困惑しながらも、「経験がないから、周囲のリアクションが大げさなだけかもしれない」と分析する。

月に1度は実家に帰省する北見に密着し、実際の入浴風景を撮影。先に入っていた三男は湯船につかり漫画を読みながらリラックス。そこに北見が自然に入ってきて恋愛トークなどに花を咲かす。

兄が退出後、入れ替わりで父が浴室に。父と娘の2人が湯船に浸かりながら、親子水入らずの会話を20分近く楽しんでいた。

■中居の結論は?

三男は「兄貴とかと同じ感覚」、両親は「コタツみたいなもん。ケンカしててもお風呂だけは一緒に入っちゃう」とあくまでも自然な関係だと主張。最初は引き気味だった出演陣だったが、家族の入浴シーンを見ているうちに「見てる方もあんまり(違和感は)感じない」と考えを改めた。

最終的に中居は「100の家族があれば100のルールがある。他の家族と比べるべきではない。今まで通り一緒に入ってもイイのでは」と結論付け、お風呂にも一緒に入れるほど仲の良い家族の姿に「うらやましいなと思った」と本音を吐露した。

 

■視聴者の意見は…

「23歳の女性が、父や兄と一緒にお風呂に入っている」、この言葉だけを聞くと違和感を覚えるのは仕方がないのかもしれない。しかし、実際の入浴風景にはイヤらしさや不自然さは欠片もなく、一家団らんを象徴するかのように幸せなモノだった。

視聴者からも好意的な意見が寄せられている。

それでも一部からは「ドン引きする」と否定的な意見もあり、共感を得るのはやはり難しいことも明らかとなった。

 

■1割以下が「高校生まで父と入浴」

しらべぇ編集部が、全国20~30代の女性333名を対象に調査したところ、「高校生になるまで父親とお風呂に入っていた」のは1割以下だと判明した。

多くは思春期を迎えるころには、父親との入浴を止める。成人しても一緒に入っているのは、さらに少数派と言えるだろう。

それでも中居の言う通り「家族の在り方はそれぞれ」なのは確か。家族で楽しく仲良く歩んでいけるのならば、胸を張って一緒に入浴すればいい。

・合わせて読みたい→『下剋上受験』深キョン演じるセクシーな母は「愚妻」だった?

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2015年5月22日~2015年5月25日
対象:全国20代・30代の女性計333名

23歳現役アイドルの「26歳の兄と一緒に入浴する」発言にドン引き 中居は「羨ましい」