Jリーグは12日、2019シーズンの開幕節の出場停止選手を発表した。

2018シーズンの出場停止処分が未消化となっている選手が対象となる今回の出場停止は、ヴィッセル神戸のFWウェリントンのみとのことだ。

ウェリントンは、2018年11月24日(土)に行われた明治安田生命J1リーグ第33節の清水エスパルス戦において、試合終盤に退場処分を受けると、清水ベンチ裏の看板を蹴り破壊するなど大暴れ。2度の警告による退場に加え、「選手等による競技場又はその周辺関連施設における故意による器物破損行為」によって、合計3試合の出場停止処分が下されていた。

2018シーズンの最終節で1試合は消化されたものの、残りの2試合が未消化となるため、2019シーズンの開幕から2試合に適用されることとなる。

【明治安田生命J1リーグ
FWウェリントン(ヴィッセル神戸)
明治安田生命J1リーグ第1節
vsセレッソ大阪(2/22)
今回の停止:2018シーズンの未消化分(2/3)

明治安田生命J1リーグ第2節
vsサガン鳥栖(3/2)
今回の停止:2018シーズンの未消化分(3/3)

サムネイル画像