日本で同性婚が認められないのは憲法が保障する婚姻の自由を侵害し、法の下の平等にも反するとして、埼玉県川越市の男性カップルが14日、国に損害賠償を求めて東京地裁に提訴する。「一刻も早く同性婚を法制化してほしい」という思いで提訴に至ったという。同日、同性カップル13組が各地の4地裁に一斉提訴する。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

同性同士が結婚できないのは憲法が定める法の下の平等に反するとして国に損害賠償を求めて提訴する古積健さん(左)と相場謙治さん=埼玉県川越市で2019年1月27日、後藤由耶撮影