映画版が公開を控える大人気ドラマダウントン・アビー』でグランサム伯爵夫人のコーラクローリー役を演じたエリザベス・マクガバンと、精神科医を主人公にした『イン・トリートメント』に主演したガブリエルバーンが、FOXドラマ版『宇宙戦争』で共演することがわかった。米Varietyが報じている。

【関連記事】「宇宙戦争」原作の設定に忠実なTVミニシリーズ、英BBCで来年初頭に撮影スタート

シリーズはH・G・ウェルズ作の古典SF小説「宇宙戦争」をもとにした作品となり、原作では地球に侵略して破壊を続ける異星人を、なんか食い止めようとする人類の壮絶な戦い描かれている。

現時点で、ガブリエルエリザベスが演じる役柄について詳細は明かされていない。二人の他にはレア・ドリュッケール(『ジュリアン』)、ナターシャリトル(『ナイト・マネジャー』)、デイジーエドガージョーンズ(『Cold Feet(原題)』)、ステファニー・カイラード(『ジーニアス:ピカソ』)、アデル・バンシェリフ(『エンド・オブ・キングダム』)、ギヨーム・グイ(『ザ・クルー』)らの出演も決定している。

全8話となるシリーズで、前半4話でジル・クーリエ(『De Dag(原題)』)が監督を務め、後半4話でメガホンを取るのはリチャードクラーク(『アウトサイダー』)。

古典的名作を現代に甦らせる本シリーズは、ヨーロッパアフリカFOXフランスのCanal Plusの共同製作となるためか、スタッフキャストの顔ぶれが国際的だ。もうひとつ、英ITVで放送される別のミニシリーズ宇宙戦争』も製作されており、こちらのバージョンにはレイフ・スポール(『ジュラシック・ワールド/炎の王国』)、グレッグ・キニア(『ハウス・オブ・カード 野望の階段』)が出演している。

映画版『ダウントン・アビー』にも続投するエリザベスは、『キック・アス』や『タイタンの戦い』といった映画出演作も多数。ガブリエルの代表作には、Netflixの『マニアック』や、映画『ユージュアル・サスペクツ』『エネミー・オブ・アメリカ』などがあり、2018年には大きな話題を呼んだホラー映画『ヘレディタリー/継承』に出演し、製作総指揮も手掛けている。

ベテラン俳優の二人が共演するドラマ版『宇宙戦争』は、現在イギリスフランスで撮影中だ。(海外ドラマNAVI

Photo:エリザベス・マクガバン(C) Nathan Hulse/FAMOUS(中央)
ガブリエルバーン(C) PATRICK O'LEARY/FAMOUS