メイン画像

連休明けのきょう12日の関東は、午前中は日差しがあったものの、午後から雲の多いすっきりしない天気に変わりました。そしてあす13日。予想天気図には関東沖に低気圧が発生。この影響はどれくらいあるのか?

天気図を比較

あす13日午前9時の予想天気図を見ると関東沖に低気圧が発生します。先週土曜日(9日)、関東に雪をもたらした時の天気図を見ると関東の南東沖には低気圧がありました。あすの予想天気図を比較すると位置の多少のずれ、発達具合に違いがあるものの、関東から近いという点は似ています。ではこの低気圧の影響はどれくらいあるのか?

あす13日 天気分布(朝・昼過ぎ)

画像B

画像C

朝の通勤・通学時は多くの地点で日差しがあります。千葉から茨城にかけての沿岸部で雲が広がりますが、次第に晴れてくる傾向です。お昼時、ランチタイムは広範囲で青空、神奈川周辺では多少は曇るものの、雨や雪の心配はありません。

あす13日 天気分布(夜はじめ頃)

画像D

夕方以降は各地で雲が多くなります。そして、夜お帰りの頃は、なんと茨城には雪の表示が。茨城から千葉の北東部を中心に雪雲の通り道になります。降り方としては積もるレベルではなく、一時的にちらつく程度とみられます。ただ、少々の雪でも冷え込みによってウェットした路面は凍結する恐れがあります。茨城や千葉方面に行く予定の方は念のため最新の予報をご確認ください。

あす13日 怪しげな低気圧が再び関東沖に