京都市伏見区の路上で2017年、男性2人が殺傷された事件で、殺人と殺人未遂の罪に問われた中村正勝被告(51)の裁判員裁判の判決が12日、京都地裁であった。斎藤正人裁判長は正当防衛を認めて殺人未遂を無罪とし、殺人罪で懲役7年(求刑懲役22年)を言い渡した。

 中村被告は17年12月31日午後3時ごろ、伏見区の路上で男性(47)の左腕を小刀で刺して重傷を負わせたほか、男性の知人だった猪飼将希さん=当時(27)=の胸を刺して殺害したとして起訴された。