将棋の最年少棋士、藤井聡太七段(16)は12日、大阪市福島区の関西将棋会館であった第69期大阪王将王将戦1次予選初戦で池永天志四段(25)に153手で勝った。「角換わり」の戦いから藤井が劣勢に追い込まれたが、双方が秒読みになる大熱戦の末、逆転勝利した。藤井の今年度の成績は38勝7敗となった。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

将棋の藤井聡太七段=丸山博撮影