愛知県警は12日、2018年1年間に把握した県内の侵入盗被害が4805件で、全都道府県で2番目に多かったと発表した。組織的窃盗グループの摘発や防犯診断などの効果が表れ、前年より2045件減少した。11年連続だった全国ワーストを脱した。警察庁によると、18年は埼玉県が全国最多の4973件。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら