いきなりですが、もし恩人が殺されたら、あなたはどうしますか?

訴えますか?泣き寝入りしますか?……それとも「仇(あだ/かたき)」を討ちますか?

今回は鎌倉時代、越後国(現:新潟県)で「仇討ち」に決起した女武者・坂額御前(はんがくごぜん)エピソードを紹介したいと思います。

※現代では「板額御前」の表記が一般的ですが、彼女の初出である『吾妻鏡』の表記で統一します。

「鎌倉一の郎党」梶原景時の暗殺

時は鎌倉時代、正治二1200年1月20日。頼朝公の亡き後、その「懐刀」として腕を振るった「鎌倉一の郎党」梶原平三景時(かじわらの へいざかげとき)が政争に敗れて失脚、暗殺されてしまいます。

梶原景時肖像(馬込万福寺蔵)

景時は頼朝公の生前、鎌倉幕府の「憎まれ役」としてダーティな仕事(讒訴や暗殺など)を一手に引き受ける忠臣でしたが、同時に多くの御家人たちから怨みを買っていました。

頼朝公亡き後、その嫡男である二代目将軍・頼家(よりいえ)公にも仕えますが、頼家公はさんざん景時を利用しておきながら、都合が悪くなるとあっさり見棄ててしまいます。

これまでの「悪行」について実に66名の御家人から弾劾された景時ら梶原一族は、鎌倉を追われたため、京都の公家たちに伝手を求めて上洛します。

すると幕府当局は「待ってました」とばかりそれを「謀叛」と決めつけて追手を差し向け、駿河国庵原郡狐崎(現:静岡県静岡市狐ヶ崎)で景時らを討ち取らせます。

かくして景時以下33名は路傍に梟首(きょうしゅ。さらし首)とされ、ここに鎌倉幕府の草創期から頼朝公を支え続けた梶原一族は没落してしまったのでした。

「さて、鎌倉きっての『嫌われ者』もいなくなったし、これで天下も幕府も安泰じゃ……」

多くの御家人たちはそう思ったかも知れませんが、既に新たな「謀叛」の火種が、鎌倉より遠く、越後の地にくすぶり始めていたのでした。

坂額御前と越後の名門・城一族

ここで今回の主人公ヒロイン)である坂額御前の登場ですが、彼女は越後の豪族である城(じょう)一族の娘で、当主である兄・城平四郎長茂(じょう へいしろうながもち)と、その甥である小太郎資盛(こたろうすけもり。亡き長兄・資永の嫡男)に仕えていました。

城氏の家紋「獅子に牡丹」。奥州征伐の旗印に用いられたと伝わる(デザインは諸説あり)。

長茂ら城一族は、かつて「源平合戦治承・寿永の乱)」では平家方に属して戦うも、木曽義仲(きその よしなか)に敗れて没落(※1)。やがて囚人(めしうど)となりましたが、頼朝公に助命を願い、後の奥州征伐で活躍のチャンスを与え(※2)、御家人として取り立てさせたのが、他ならぬ梶原景時でした。

(※1)治承五11816月13日、横田河原の戦い(現:長野県長野市)。日付は九条兼実の日記『玉葉』より
(※2)文治五11897月19日奥州藤原氏を征伐する道中、頼朝公は景時の助言によって長茂の参陣を許可。囚人ながらその人望によって二百の兵を集めて武勲を立てました。

城一族にとって「足を向けて眠れない」ほどの恩人であり、また最大の庇護者でもあった景時が討たれたことで、長茂はその前途を悲観した事でしょう。

いざ挙兵!越後で兄の吉報を待つ

「かくなる上は、梶原殿が仇を討つべし!」

それから長茂は一年間、隠忍自重して兵力を蓄え、いよいよ復讐の時がやって来ました。

「兄上!わたくしもお連れ下さりませ!」

月岡芳年「芳年武者无類 阪額女」明治十八1885年

勇ましく名乗り出た坂額御前のいでたちと言えば、長く美しい髪を童形(※3)に結い上げて腹巻(※4)を身に着けた武者姿。この戦で大活躍することから、普段より武芸の腕前が知られていたのでしょう(また一説には、身長六尺二寸≒約188cmとも言われています)。

(※3)どうぎょう。子供のヘアスタイル。ここではアップと推定
(※4)はらまき。鎧の一種で、文字通り腹部に巻いて防護する

しかし、長茂は言いました。

「いや、そなたは越後で小太郎殿をお守りし、我が身に万一の事あらば、小太郎殿を棟梁として御家を盛り立てよ」

「はあ、承知仕(つかまつ)った。兄上(叔父上)のご武運をお祈り申す」

かくして正治三1201年1月、坂額御前らに見送られ、城長茂らは京の都を目指して進発したのですが、これが後世に伝わる「建仁の乱」の幕明けとなりました。

さて、彼らの首尾はいかが相成りましょうか……この続きは、次回にお話しします。

【続く】

関連画像