Image: Marvel.com

あの目が痛くなるネオンカラーを見れる日がまたやってくるなんて!

3月8日公開(日本は3月15日)の『キャプテンマーベル』の舞台は1995年。そこで、設定に合わせて90年代風の公式サイト(米)オープンしました!

開いた瞬間、目に飛び込んでくるのは強烈なネオンカラー。あったあった、こういうダサい壁紙とカラーコンビネーションキャラクターランダムな顔だしとかすんごい懐かしい!

レトロな仲間入り

マーベル・シネマティック・ユニバースのこれからを背負うだろうと考えられているキャプテンマーベルことキャロル・ダンバースですが、彼女はもともと「遠い昔」と言われる90年代設定のキャラクターです。そのため、サイトの作りも凝りに凝って、ジオシティーズ(米YahooYahoo! Japanが運営していた無料HPサービス)の頃のまんま。当時は忌まわしきものとしか思っていなかった、電話回線のピーギョロロロロロロロという音とローディンマークが恋しくなっちゃう。

トレイラーWindows 95メディアプレイアーそっくりな作り。あのブルーグレイコンビネーションに直角線がエモい〜。「Play the Game」をクリックすると、SkrullかHumanを見分けるゲームプレイできます。これが結構難しい…。挑戦してみましたが、5ポイントしかとれませんでした。

懐かしめる人にはご褒美ムービー?

いやー、正直ね、私『キャプテンマーベル』にそこまで胸をときめかせていなかったんです。でも、こんなの見せられたら超楽しみになっちゃいますよ。本編にはどんだけ90年代あるあるが散りばめられているのか、想像しただけで興奮して震えそう。(『シティーハンター新宿プライベートアイズ』でも80、90年代を楽しめて嬉しすぎてむせび泣いたよ!)このテンションで、サンドラ・ブロックの『ザ・インターネット』とか見たい。

ふう、ちょっと興奮しすぎちゃいました。こんなに興奮する公式サイトも滅多にありませんね。というか、初めてかも。こんな宣伝の仕方もあるんだなぁ。いやー、良い仕事してます。

30代以上にとってはご褒美みたいなエモ映画『キャプテンマーベル』は3月15日公開。豪華特典付きムビチケ2月15日から発売ですよ〜。