ジェームズ・キャメロンが、「ターミネーターシリーズ最新作の仮タイトルを明かした。「デッドプール」のティムミラーメガホンを執る新作「ターミネーターダークフェイト」には、1991年作「ターミネーター2」以来、はじめてキャメロンが携わる。

キャメロンは米Yahoo!に「『ターミネーターダークフェイト』と呼んでいる。今のところ、これが仮題だ」と語り、ミラーとのタッグについては、「ティムはとても頑固な監督なんだ。作品に対して自分なりのアイデアを持っているんだ。彼がメインボーカルで、僕はバックコーラスといったところだね」と続けた。

サラ・コナー役のリンダハミルトンや、お馴染みのT-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーらが再登場する同作には、何らかのかたちで人間役を演じることになるディエゴ・ボネータをはじめ、グレイス役として発表されている「ブレードランナー 2049」のマッケンジー・デイヴィスが出演する。

一方でシュワルツェネッガーは以前、新作が1984年の第1作に戻ることになるとして「たぶんジェームズ・キャメロンティムミラーT-800の話の続きでありながら、全く新しい映画っていうコンセプトを持っていると思うよ」「リンダハミルトンキャラクターや僕のキャラクターとかオリジナルキャラクター数人に焦点を当てて、他のことには目を向けていないんだ。全てのタイムラインや他のキャラクター達から完全に離れているわけさ」と語っていた。